【バイオハザード占い】仕事での生き残り方をゲームアイテムになぞらえて占う!

写真拡大

 大人気ゲーム・バイオハザードから生まれた、現在公開中の映画『バイオハザード ザ・ファイナル』。映画シリーズの最終作であり、大人気モデルでタレントのローラさんが作品に出演していることで話題になっていますよね。アンデッドと戦い生き残る主人公のように、あなたが現実世界で仕事で生き残るにはどうすればいいのか、今回はゲームの中のアイテムになぞって占っていきます。

【「運命数」の出し方】
 生まれた日の数字を分解し、一桁になるまで足していきます。最終的に導き出された一桁の数字が「運命数」です。

<1984年5月16日生まれの場合>
1+9+8+4+5+1+6=34、3+4=7 
「運命数」は「7」です。

 あなたの「運命数」は出ましたか? さっそく結果を見てみましょう。

■運命数1……「ロケットランチャー」自分のやり方を貫く
 一発の威力が大きく、敵をまっすぐにぶっ放す「ロケットランチャー」。ゲーム内では、ボス戦に有利な銃として使われます。あなたが仕事で生き残るためには、周りの意見も吹っ飛ばすくらいの強い意思が必要なのです。困難や失敗、上司や先輩からの圧力に屈せず、このロケットランチャーのように、自分のやり方をとことん貫いていきましょう。

■運命数2……「グリーンハーブ」仲間を作り、一緒に立ち向かう
 ゲーム内の体力回復アイテム「グリーンハーブ」。単体では少ししか回復しませんが、別のハーブと組み合わせることで大回復アイテムや解毒剤にもなります。あなたは、このグリーンハーブのように、誰かと協力することで大きな力を発揮します。仕事で生き残るためには、仲間の存在が不可欠。仲間を作り、一緒にミッションに立ち向かいましょう。

■運命数3……「グレネードランチャー」知識や教養を身に着ける
 「グレネードランチャー」は、火炎弾や硫酸弾、冷凍弾など、いろんな弾が打てる強力な銃。必要に応じて、どのような攻撃もできます。あなたは、このグレネードランチャーのような柔軟性と順応性を持っています。臨機応変に対応できるように、武器になるような知識や教養をたくさん身に着けて、仕事サバイバルを勝ち抜いていきましょう。

■運命数4……「ハンドガン」地道に努力を積み重ねる
 「ハンドガン」は、初期装備の銃。破壊力や攻撃力は低いが、何度も打てば敵を倒すことができるアイテムです。あなたはこのハンドガンのように、仕事に対する戦闘能力が低いほう。しかし、コツコツと地道に成果をあげていけば、荒波にも負けない仕事サバイバーになれるのです。何ごとにも諦めず、努力を積み重ね、細く長く生き抜きましょう。

■運命数5……「ナイフ」今できることを考え、力を尽くす
 ゲームの主人公の初期装備の1つ、「ナイフ」。ナイフでの攻撃は至近距離になるため、自分から敵に突き進んでいかなければいけません。あなたが仕事で生き残るには、どんな環境でもすぐに立ち向かう勇気と判断力が必要です。大きな案件や面倒なトラブルがやってきたら、自分が今できることを必死で考え、それに力を尽くすようにしましょう。

■運命数6……「インクリボン」過去を振り返らず次に進む
 「インクリボン」は、ゲームのセーブに使うアイテム。あなたは、インクリボンで記録され、そのまま残っているデータのように、過去の仕事や成果に執着し続けてしまうようです。仕事も、その環境も変化しています。仕事で生き残りたいなら、過去を振り返らずどんどん次のステップに進みましょう。

■運命数7……「マグナム」自分の近くにライバルを作る
 「マグナム」は、ハンドガンよりも強力で大きな弾が打てる銃。サイズが似ているからか、ハンドガンと同様、とても使いやすいアイテムです。あなたが仕事で生き残るには、自分に近いライバルの存在が必要。ライバルと切磋琢磨しながら、マグナムのように逞しく、能力が高い自分に成長しましょう。

■運命数8……「レッドハーブ」協調性を持ち、他人を認める
 「レッドハーブ」は、回復アイテム・グリーンハーブと調合しないと使えない補助アイテム。あなたは負けん気が強く、仕事でもワンマンになりがち。自己主張ばかりでは、仕事で生き残ることができません。あなたが仕事で生き残るためには、このレッドハーブのような協調性も必要です。たまには他人のやり方を認め、受け入れていきましょう。

■運命数9……「ショットガン」積極的に動く
 たくさんの弾を一度に打つことができる「ショットガン」。その勢いで敵を吹き飛ばすこともできます。あなたは、周りの空気を読みすぎてしまう分、率先的に動くのが苦手なようです。仕事で生き残るために、周りのことを気にせず自ら行動をおこしていきましょう。勢い任せでもいいから、思ったことは口に出してみましょう。

 時代も、人の流れも変化していく仕事の現場。仕事のサバイバル術を身に着けて、自分の立ち位置や役割を確立させていきましょう。
(咲羅紅)