「Polo Active」(フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)

写真拡大

 フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は24日、コンパクトカー「Polo(ポロ)」シリーズに、純正ナビゲーションなどを標準装備した「Polo Active(ポロ アクティブ)」と、ポロの生産40周年を記念して企画した上級仕様の「Polo Original(ポロ オリジナル)」を追加し、販売を開始した。

 「ポロ アクティブ」は、「TSI コンフォートライン(TSI Comfortline)」をベースに、純正ナビゲーションシステム『716SDCW』を標準装備としながら価格を抑えたな限定車。「ETC2.0対応車載器」「VTRケーブル」「iPod/iPhone/USBデバイス接続装置」などを装備し、専用デザインのアルミホイールを採用。希望小売価格は236万5,000円(税込、以下同)と、TSI Comfortlineから9万6,000円の追加に抑えた。カラーは「ブルーシルクメタリック」「ピュアホワイト」「フラッシュレッド」の3色を用意。販売台数は800台限定。

 「ポロ オリジナル」は、「TSI ハイライン(TSI Highline)」をベースにしながら、初代「ポロ」を彷彿とさせるオレンジのメタリックカラーにチェック柄のファブリックとレザレットのコンビネーションシートを採用。純正ナビゲーションを標準装備としながら、ファッショナブルな内外装を施し、当時の雰囲気を再現した。カラーは「ハニーオレンジメタリック」「チタニウムベージュメタリック」の2色で、価格は265万9,000円。販売台数は500台限定。