写真提供:マイナビニュース

写真拡大

カシオ計算機は24日、デジタル英会話学習機「EX-word RISE」の新製品として、自分に合った学習プランで英語を学べる「トレジムプラン」を備えた、「XDR-B10」と「XDR-B20」を発表した。2月24日から発売する。価格はオープン、推定市場価格(税別)はXDR-B10が32,000円、XDR-B20が42,000円。

○XDR-B10

「XDR-B10」は、英会話学習に欠かせないコンテンツを厳選収録したデジタル英会話学習機。本体カラーはホワイトのみ。液晶画面の角度を調整することで、タブレットスタイル、フラットスタイル、チルトスタイルという3種類の形状で使用できる。

学習目的別にコンテンツを組み合わせた「トレジムプラン」で英会話を学べ、プラン内の学習進捗状況も一覧可能。トレジムプランは18コンテンツ。

英語文章の発音判定機能では、対応コンテンツの英語文章を録音し、音読時間、脱カタカナ英語度、子音の強さ、メリハリ、なめらかさ、という5要素に基づいて採点を行い、レーダーチャートで視覚的に判定結果を確認できる。コンテンツ数は40で、主なコンテンツは以下の通り。

・デイビッド・セインのデイリースピーキング
・  (日常会話・トラブル編)
・  (買い物・レストラン・接客編)
・  (オフィス・海外出張・留学編)
・  (日本紹介・異文化理解編)
・しゃべって身につく 英会話スキット・トレーニング
・発音トレーニング
・キクタン
・キクタンリーディング
・キクジュク
・キクタンTOEIC Test
・TOEIC テスト ハイパー模試 新形式問題対応
・NHKラジオ ラジオ英会話
・NHKラジオ 基礎英語1 / 2 / 3
・ジーニアス英和辞典

本体のメイン画面は5.0型のカラー液晶で、解像度は528×320ドット(クイックパレット付き)。電源にはリチウムイオン充電池を内蔵し、電池寿命は約6時間。本体サイズはW155×D92×H15.3mm、重量は約260g

○XDR-B20

「XDR-B20」は辞書系コンテンツが充実したモデル。ネイビーブルーとワインレッドの2色を用意する。コンテンツ数は120で、トレジムプランは18コンテンツ。主なコンテンツは以下の通り。

・デイビッド・セインのデイリースピーキング(4シリーズ)
・しゃべって身につく 英会話スキット・トレーニング
・発音トレーニング
・キクタン
・キクタンリーディング
・キクタンビジネス
・キクジュク
・キクタンTOEIC Test
・TOEIC テスト ハイパー模試 新形式問題対応
・NHKラジオ ラジオ英会話
・NHKラジオ 基礎英語1 / 2 / 3
・ジーニアス英和辞典
・オックスフォード現代英英辞典
・デジタル大辞泉
・明鏡国語辞典

その他の仕様は「XDR-B10」とほぼ共通。

(リアクション)