満充電時の走行距離の短さが電気自動車(以下EV)の普及の壁となっていました。しかし、2015年12月に日産リーフが一部改良を行い、航続距離を280km(30kWh)まで延長。またBMW i3は100%EVで390kmまで航続走行距離を延ばしています。

1

2016年11月にはEVの新しい形として日産はノートe-POWERを発売しました。発売した11月の新車販売台数でノートが1位となるなど、ユーザーのEVに対する注目の高さが表れています。今回は、今乗りたい最新電気自動車を5台紹介します。

■日産 ノートe-POWER

日産ノートe-POWERは搭載したエンジンで発電を行い、モーターで駆動する「シリーズハイブリッド」車です。駆動はモーターのみで行うため、EV特有のワンペダルフィーリングを味わうことができます。燃料はガソリンを使用するので、ピュアEVと異なり長い航続走行距離を実現しています。

さらに、ガソリンエンジン車のノートのミッションなどが置いてある部分にモーターを搭載しているため、変更点も少なくガソリン車との価格差が小さいのもノートe-POWERの魅力。このクルマが登場したのも、日産がいち早くピュアEVのリーフを発売したことが大きく影響しているのは間違いありません。しかもノートe-POWERにはチューンナップモデルのニスモもラインアップされ、走る楽しさを味わうことができます。ノートe-POWERの価格は177万2280円〜245万8080円です。

■日産 リーフ

2010年に販売開始された100%EVの日産リーフは、走行中にCO2をなどの排出ガスを一切出さないゼロエミッション車として高い評価を受けており、グローバルで累計約20万台を販売していているEVのパイオニアです。

リーフは2015年にマイナーチェンジを行い、大容量30kWhの駆動用バッテリーを搭載したモデルが登場。航続走行距離は280kmまで延長されるとともに、急速充電では30分で80%の充電が可能です。また、パワートレインの先進性だけでなく、先進安全装備のエマージェンシーブレーキや車線逸脱警報(LDW)を全車標準装備することで、ドライバー支援の機能を充実させています。リーフの価格は280万3680円〜428万8680円となっています。

■三菱 i-MiEV

三菱 i-MiEVは軽自動車のi(アイ)をベースとしたEVです。ガソリンエンジン車のiと同様にMRにパワートレインを搭載し、EVならではの鋭い発進加速を味わうことができます。

i-MiEVは2016年12月に一部改良を行いました。従来、回生ブレーキはフロアのセレクターレバーによって3段階の調整ができましたが、今回の改良でステアリングコラム部に設置したパドルによって6段階の回生ブレーキの調整ができるようになりました。これにより、ドライバーの好みや走行状況に応じた最適な回生ブレーキ力を選択できるようになりました。

さらに充電中でもエアコンなどが使用可能となる空調の新機能を採用するなど、利便性が向上しています。一充電あたりの走行距離は120km〜172kmで、価格は227万3400円〜262万4400円です。

■BMW i3

BMWといえば、走る愉しみを堪能できる輸入車ブランドです。走る愉しみはそのままにパワートレインにモーターを搭載したのがBMW i3です。i3のキャビン素材にはCFRPと呼ばれる頑丈で、超軽量なカーボン・ファイバー強化樹脂を世界で初めて量産車として採用しました。

BMW i3は2016年9月にマイナーチェンジを行い、大容量バッテリーを搭載しました。その結果、100%EVは従来モデルから約70%アップした航続走行距離390kmを実現しています。加えレンジエクステンダーという発電用のエンジンを搭載しているモデルは、東京〜大阪間の走行距離に相当する511kmの航続走行距離を実現しました。3タイプのインテリアデザインが設定された i3の価格は499万円〜607万円です。

■テスラ モデルX

元々自動車メーカーではない会社が製造した異色のEVがテスラです。まるでタブレットのようなモニターがインパネに装着されるなど先進性は抜群です。

2016年にはSUVタイプのEV、モデルXが登場しました。ファルコンウィングと呼ばれる上方に開くリアドアが特徴で、両サイドに30cmしかない場所でも開閉可能です。2列シートの5人乗りを基本に、オプションで3列シート6人もしくは7人乗りを選ぶこともできます。

航続走行距離は搭載するバッテリーの容量で変わり、最も小さい75kWhで最大約417km。最も大きな100kWh搭載車は、最大約542kmの走行距離と最高時速250kmを実現しています。モデルXの価格は1067万円〜1649万2000円。現在最も目立つことのできるSUVであるのは間違いないでしょう。

(萩原文博)

最新の電気自動車で2017年を走ろう!今すぐ手に入れたい5台(http://clicccar.com/2017/01/24/438266/)