「相棒」劇場版最新作が完成!

写真拡大

 大ヒットドラマシリーズの映画最新作「相棒 劇場版IV 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断」の東京プレミアイベントが1月24日、六本木ヒルズで行われ、主演の水谷豊をはじめ共演の反町隆史、仲間由紀恵、及川光博、山口まゆ、北村一輝、鹿賀丈史らキャスト陣14人が出席。同所に用意されたピンクカーペットに一同が姿を現すと、約200人の見物客から歓声が上がった。

 杉下右京役の水谷は、「2000年のシリーズ誕生以来、ひとつの夢がありました。それは、『相棒』で映画を作ること」と切り出す。そして「それがかなった時、みんなどれほど喜んだか。このたび、4度目の夢がかないました。4代目相棒の反町くん、2代目相棒の及川くん、そしてレギュラーとゲストキャストのみなさんとともに、新しい『相棒』を生むことが出来ました」と充実の面持ちを浮かべた。

 さらに水谷は、劇場版初参加の冠城亘役の反町に目を向け、「今まで3人の相棒と映画を作ってきて、4代目の反町くんだけなかったらどうしようかと思っていた。ホッとしています」とジョーク交じりに語りかける。これには反町もたまらず吹き出し、「僕だけなかったら、恨みますよね」と安どの様子だった。

 また、「相棒」シリーズで初共演となった水谷と反町。水谷は「初対面のときは、緊張していましたね。しかし1シーズン過ごし、とてもいい距離感になりました。そのタイミングでの映画。反町くんはこう見えて優しいということを、感じています」と振り返る。一方の反町は「水谷さんは、現場で足を引っ張って……」と言い間違えてしまい、一同爆笑。水谷も「何を言い出すやら!」と肩に手を置きながら笑い、反町は「現場を引っ張ってくれています!」と慌ててフォローを入れていた。

 この日はほかに、鈴木杏樹、川原和久、山中崇史、山西惇、神保悟志、小野了、片桐竜次も登場した。「相棒 劇場版IV 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断」は、2月11日から全国で公開される。