パンケーキアートがSNSで話題!あまりの出来栄えに感動!

写真拡大

最近パンケーキで作るアート作品が流行っていることを、ご存じ? パンケーキアートは、生地の焦げ目によって線や塗りを再現するというもの。そういうと簡単に聞こえるけど、焼きあがった際に左右逆転することを考慮しなければならないし、もっとも濃く見せたい線部分や色は先に焼いていかなければならない…。つまり、焼き加減によって色の濃淡を表現しなければならないから、なかなか頭を使います。

●パンケーキアートは焼く順番によって色の濃淡を表現

そんな、パンケーキアートをYouTube上にアップし続けているのが、uriah2004さん。アニメのさまざまなキャラクターの他にも、猫や犬、インコ(オウム?)といったモチーフを焼いては、YouTube上にアップし続けています。

その焼き方を見ると、コツは、まずキャラクターの主線となる部分を先に焼くのですが、その際は線の細さを再現できるように、100均のディスペンサーを2種類使い分けること。太い線と細い線、両方をこれで再現できるというわけです。

また、生地はあらかじめ冷蔵庫で冷やしておく方がよく、フライパンはマーブルコーティングの物を使用しているそう。テフロンだと、生地が剥がれやすく、線部分の焼き面が浮いてしまうのだそう。いろいろとコツがあるんですね。

ちなみに、作成しているシェフは、神奈川県座間市にあるレストラン ラ・リチェッタで、その腕を振るっているようなので、細かいコツが知りたい人は、お店に足を運んでみても良いかもしれません。

これなら子どもも大喜び間違いなしのパンケーキアート。あなたも我が子とチャレンジしてみる?

(文・団子坂ゆみ/考務店)