1月15日(日)渋谷に『ソードアート・オンライン』でお馴染み”ダイシーカフェ”の2号店が登場した。……といってもこれはあくまでイベントの話。この場所は『ソードアート・オンライン コード・レジスタ』の2周年を記念して実施された「SAOコード・レジスタ2nd Anniversary!感謝感謝の大感謝祭」の会場として用意されたものだ。今回はその様子をレポート形式でお届けする。

イベントスタート前、既に会場は熱気に溢れていた。というのも会場の一角にはイラストが展示され、SAOファンにはお馴染みの二頭身キャラ「キリトさん」「アスナさん」との2ショット記念撮影も実施されていたためだ。通常のイベントでは一人一人の撮影時間を確保するのは難しいところだが、この距離の近さも今回のイベントの良さの一つだろう。


17時。キリト役の松岡禎丞さん、エギル役の安元洋貴さんによるオープニングスキット(寸劇)からイベントはスタート。ここからはニコニコ生放送による配信も行われた。アドリブを利かせた生スキットを食い入るように見るお客さんが印象的であった。


スキットが終わると司会進行の鈴木咲さん、竹内プロデューサー、開発の尾方ディレクターも加わっての乾杯だ。ここで音頭を取るのは松岡さん。「リンクスタート!」の声と共に会場・コメントが大いに盛り上がった。

ここからは各コーナーを順に追いかけていこう。最初のコーナーはキリト・エギルの両キャラクターの衣装を、この場で松岡さんと安元さんに考えて貰うというものだ。更に、何と会場にはデザイナーさんがスタンバイしており、この場でエギルの衣装デザインを完成させてしまうというのだ。戸惑う安元さん・松岡さんだが、一旦デザイン案の作成に集中して貰う。

その間を利用して行われたのが、ニコニコ生放送でのユーザーアンケートだ。お題は「今後のアップデートで衣装を作って欲しいキャラは?」というもの。対象となったのは、ディアベル・キバオウ・クラディール・ニシダさん・レコンと、ファン待望のキャラから若干ネタ気味のものまでも含めたアンケートを実施。その結果、最も得票数が高かったものは……、なんと「ニシダさん」!ただし僅差で2位につけたキバオウの衣装も見てみたい……、ということで急遽、ニシダさんとキバオウ2体の新衣装を作成することが決定!これには会場も大喝采。どういう衣装となるのかは、今後の情報に期待しよう。

そうこうしているうちに、松岡さん、安元さんのイラスト案が完成した。まずは安元さんのエギルの衣装から、ここで安元さんから提案されたものが”村一番の勇者”という表現で出された、まるでどこかの部族のような露出度高めの衣装だ。一方、松岡さんのキリトはというと、熱い思いが込められた衣装となっていた。さて、”村一番の勇者”エギルは、一体どうなってしまうのか。この結果に関しては……後ほど発表しよう。

続いてのコーナーは大喜利コーナーだ。こちらは事前にキリト及びエギルに関したお題を発表し回答を募集していた。今回は応募されたものの中から「これは!」と思えたナイス回答を松岡さん・安元さんがキャラに成り切って発表する、というコーナーだ。運営が、遊び心溢れるチョイスで選んだ回答が続く中、流行りのサンシャイン池崎ネタも。この無茶振りに対し、全力で受けた安元さんもお見事。安元さんの雄たけびが会場中に響き渡る。ネタ満載の展開に会場も放送も大盛り上がり。気になる方はタイムシフトで確認をして貰いたい。


笑いに包まれたイベントは、シリカ役の日高 里菜さん、SAO担当編集者 三木 一馬さん、原作者、川原 礫(かわはら れき)先生からのメッセージや、コード・レジスタに関するQ&Aコーナーなどを挟み、勿論『コード・レジスタ』の新情報発表も行われた。新イベント「レイドバトル」の発表、また当日まで実施されていたスカルリーパー討伐回数の発表(規定数を見事クリア!更に報酬の上乗せ大盤振る舞いはここでも披露された)、劇場版や、同じく川原先生の『アクセルワールド』のアプリ発表など盛り沢山。特に劇場版に関しては、収録に参加した安元さんから「スーパー面白い!」という発言が飛び出すなど期待充分。こちらも楽しみに待っていよう。

ここで、更にもう1名ゲストが登場、”世界の二見”の愛称でお馴染み、二見プロデューサーだ。『コード・レジスタ』の祝辞と共に、PS4/PS Vita用ソフト『アクセル・ワールドVSソードアート・オンライン 千年の黄昏』のオープニング映像を初披露した。こちらの作品は2017年3月16日に発売予定とのことだ。

イベントも終盤。いよいよお待ちかねのエギル新衣装の発表だ。果たしてプロのデザイナーさんの手にかかると、どのような姿となるのか。ここでイラストが登場されたのだが、それと同時に会場からは、どよめきと爆笑が。というのも、先ほど安元さんが提案したデザインを、見事に昇華させたものが発表されたためだ。竹内プロデューサーからの「一旦、冷静になろ。」の声もあったが、こちらは本当にゲームに実装される予定だ。実装タイミングに関しては改めて公式発表を待とう。

ここで放送は終了。しかし、実はイベントはまだまだ続く。まずは会場限定でのスペシャル抽選会が行われ、1番くじフィギュア(ユウキ・アスナ)や、安元さんサイン入りポスター、松岡さんサイン色紙がラッキーな参加者にプレゼントされた。またこれ以外にも、全員での記念撮影や、会場の方全員へのお土産もあり、みなさん大満足で帰路についていった。

イベントで感じたことは、非常に距離の近いイベントであったということだ。出演者側からは、会場にいらしたファンの方々の顔一人一人が見えるほどであり、時には会場にいる皆さんの声を拾って会話が広がる展開も。それ故に、とても濃密な時間であったと感じられた。参加した方々は帰り道に「次も参加しよう」と思ったことだろう。それが3周年か、それとももっと早いタイミングでの何かなのかは分からないが、また次回、このような空気感のイベントが開催されることを期待したい。