全日本卓球選手権、女子シングルスは平野美宇が初優勝を飾った。

 今大会、非常に高い注目を浴びていたのが平野を含む、伊藤美誠(みま)、早田ひなの16歳トリオだった。伊藤は昨年、リオ五輪女子団体銅メダル獲得に貢献し、平野はワールドカップ・シングルスで大会史上最年少の16歳で初優勝を果たした。早田は2016年世界ジュニア選手権大会に伊藤、平野らとともに日本代表として出場し、団体で優勝。ワールドツアーグランドファイナルU-21で優勝、ダブルスも制して、2冠を達成するなどメキメキと力をつけてきた。

 昨年の全日本では"みうみま"が準決勝で対戦し、決勝に勝ち上がった平野が石川佳純に敗れ、惜しくも最年少での優勝を逃した。今年も彼女たちにはそのチャンスが残っており、東京五輪に向けて新たなスタートを切る大事な大会だった。

 しかし、伊藤は5回戦で安藤みなみに、早田も芝田沙季にともに4−2で敗れて、早々に姿を消してしまう。そのなかで唯一勝ち残った平野が決勝まで進み、大会3連覇中の石川佳純をゲームカウント4−2で破って史上最年少(16歳9カ月)の優勝を果たした。

 彼女たちの明暗を分けたものはいったい何だったのか。

 伊藤は安藤との試合、第1ゲームを11−3で取り、完璧なスタートを切った。伊藤曰く「よすぎた」という内容で、松崎太佑コーチも「今日は調子がいい。対策がハマった」と思ったという。第2ゲームも序盤はその勢いが続いていた。だが、途中で安藤が緩いボールを効果的に使い、変化をつけてくると粘り切れずに11−9で失った。

「考え方を切り替えることができなかった」

 松崎コーチは、そう言った。第2ゲーム、相手が対応してきて、やりづらさが増した伊藤は早く第2ゲームを取りたいという意識が働いた。だからこそ、対策がハマってほぼパーフェクトだった第1ゲームのやり方に固執したのだろう。

 しかし、それが足かせになってしまった。相手の変化に柔軟に対応することができず、攻め急ぎ、ミスを招いた。第2ゲーム、5−2でのシーンはこの試合の趨勢を決めるポイントとなった。チャンスボールを回り込みフォアで強く打ちこんだが、ミスになったのだ。

「ここで1点取っていれば6−2で4点差がついたし、余裕を持てたんですけど、5−3になり、どっちに転ぶか分からない展開になった。その後は余裕がなくなってミスが続いた。どう対応するのか、話はしていたんですが、プレーで相手を上回ることができなかった」

 松崎コーチは悔しそうに振り返った。いつもは落ち着いて、相手の変化にも対応できるのだが、できなかった。伊藤がいつもと違ったのは「優勝したい」という気持ちが強すぎて、先走ってしまったからだろう。対策も準決勝、決勝で対戦する石川や平野について時間を割いていた。「気持ち的には上を見ても、実際は対戦する選手の対策をしっかりやればよかった」と伊藤は悔やんだが、本来は目の前の試合に集中していくタイプ。先を見過ぎたこと自体、平常心ではなかったということだ。

「ほとんどいいところなく負けてしまった。悔しいというか、もったいない......」

 日本のトップを走る平野を今度は追いかける立場になった。この敗戦を糧にして、伊藤はどのように奮起した姿を見せてくれるだろうか。

 早田は敗れた後、茫然としていた。

 5回戦、芝田との試合は簡単に2ゲームを連取した後、第3、第4ゲームを失った。第5ゲームを取り返したが、続く2ゲームを落として敗れた。

 自信を持って挑んだ大会だった。

「ここ半年は世界で結果が出ていて、世界で通用するような選手になってきたかなと思っていたんです。でも、国内の試合で日本一にならないと世界のトップになれない。そう思って臨みました」

 伊藤同様に優勝への意欲が強かった。その気持ちがプレーにも乗り移り、序盤は調子がよかった。早田の持ち味であるスピードと回転を生かしたフォアドライブが決まって、相手を寄せつけなかった。

 ところが第3ゲーム、芝田がそのフォアに慣れてくると決まらなくなり、かつ左の二の腕に痛みが走るようになった。2日前に痛め、試合前に痛め止めを射ったが強打を続けたことで、途中から効かなくなったのだ。その影響で肩や腰に負担がかかり、ガタガタと崩れていってしまった。

「3セット目から相手が慣れてきて、打っても打っても返してくる状況で、自分が崩れてしまいました。体力の課題もありますけど、緊張とかで少し姿勢が悪くなって、いつもの打点で当たらなかったり、練習のようにうまくできない。食事、体づくりとか、そういう部分からしっかり見直していきたいです」

 大きな大会でプレーするには、ある程度の緊張が常にともなう。ただ、それも場数を踏めば慣れていくものだ。今回は負傷の影響もあり、結果を残せなかったが、自分の良さが出ている時は、圧倒的な強さを見せた。だからこそ早田にとっては悔しい敗退になった。

 平野美宇は、ずっと好調だった。

 5、6回戦はいずれもストレート勝ち。「こんなことなかったので、うれしいです」と表情を綻(ほころ)ばせた。準々決勝では「松澤(茉里奈)さんとは今回で3年連続(の対決)、これまで2回勝っているので2度あることは3度ある。今日も勝てると思った」というスーパーポジティブな気持ちで臨み、その通り結果を出した。準決勝の対戦相手である橋本帆乃香は昨年、同大会ジュニアの部で負けていたが、今回はストレートで退けた。

 石川とは昨年、決勝で対戦し、敗れていた。

 あれから1年、自分がどのくらい成長したのか。それを証明し、東京五輪に向けて自らが日本のトップに立つ目標を達成するには乗り越えないといけない相手だった。

 決勝戦の平野は、恐ろしく積極的で攻撃的だった。第1ゲームから出力全開で高速ラリーでも堂々と打ち勝ち、石川の鉄の平常心を揺さぶる。16歳ながら心臓に毛が生えたような冷静さと力強さで女王を追い詰めていった。

「1年前と比較して自信がついているように思えましたし、スピードアップしていました。何をやっても入るんだなぁ。すごいと思っていました」
 
 石川は平野の強さをそう分析した。自信――リオ五輪以降、平野はワールドカップで優勝。中国リーグに参戦し、3勝するなど中国人に勝てるようになり、ワールドツアーグランドファイナルでベスト4になった。国際試合の経験と勝利体験が平野の卓球に自信を与えた。

 その自信がメンタルを整えた。第5ゲーム、8−2の大量リードから逆転されて失っても動じる気配はなく、表情はまったく変わらない。さっと気持ちを切り替えて、逆に石川に圧力をかけていった。表情はまだ少女の面影を残すが気が強く、物事に動じない。このメンタルの強さこそ、同学年の伊藤と早田に欠けていたものだったような気がする。

 平野は石川に対して、スピードもパワーも負けることがなかった。

 ウエイトトレーニングで足腰や体幹が強化されたので、早い打点で打ち込むボールにパワーが宿り、スピードも増した。すると技術の精度も増した。もともと安定感のあるバックサイドもスピードを増して、正確に厳しいコースをつけるようになった。それは石川の度胆を抜くもので試合中、何度も「あり得ない」という表情をしていたのが印象的だった。

 そして、石川を迷いの淵に追いやったのが、定石を覆す戦術だ。

 第1ゲームから石川のサーブをそのままレシーブスマッシュする。相手は何をやってくるんだろうと思わせることは心理戦において、極めて優位に立つことができる。石川を迷わせ、混乱させたのも今回の勝因のひとつだった。

「リオ五輪では出場できず、悔しかった。何度も涙が出そうになったけど我慢した。東京五輪は自分が出たいと思ったので、そのために石川さんを倒して優勝したかった。有言実行できてよかったです」

 平野は大会で初めて涙を流して、そういった。

"石川を倒して優勝する"

 大会中、ずっと言い続けてきたことを本当にやってのけた。伊藤も早田も狙っていたが、届かなかった。

 東京五輪へのレースは、まだ始まったばかりだが、そのトップランナーが「平野美宇」であることを彼女は今回の優勝で証明したのだ。

佐藤 俊●文 text by Sato Shun