写真提供:マイナビニュース

写真拡大

パイオニアは24日、Ultra HD Blu-rayに対応した内蔵型BD / DVD / CDライター2機種を発表した。2月下旬より発売する。価格はオープンで、推定市場価格は「BDR-S11J-BK」が22,000円前後、「BDR-S11J-X」が35,000円前後(いずれも税込)。

○BDR-S11J-BK

「BDR-S11J-BK」は、世界で初めて(※)の「Ultra HD Blu-ray」を再生できるBDXL対応BDライター。オーディオCDの読み取り性能を大幅に高めた「PureRead4+」や、リアルタイムでデータ補間の発生頻度を抑える「RealTime PureRead」などの機能を搭載する。
※1月24日現在、パイオニア調べ。

そのほかにも、読み出しを高速化する「高速読み出しモード」、ドライブやディスクの状態を確認できる「ステイタス」機能、データ読み出し時に発生する信号のノイズをクリアにする「リミットイコライザー」機能、傷・指紋・汚れなどがついた低品質のディスクでも再生できる「PowerRead」機能などを盛り込んでいる。

バンドルソフトは、ブルーレイ再生ソフト「PowerDVD 14」、映像編集ソフト「Power Director 14」「PowerProducer 5.5」、ライティングソフト「Power2Go 8」、パケットライトソフト「InstantBurn 5」、バックアップソフト「PowerBackup 2.5」、RAW現像ソフト「Photo Director 5 LE」など。

主なメディアの最大書き込み速度は、1層BD-Rが16倍速、2層BD-Rが14倍速、3層BD-R / BD-R LtHが8倍速、4層BD-Rが6倍速、1層 / 2層 / 3層のBD-REが2倍速、1層DVD-R/+Rが16倍速、2層DVD-R / +Rおよび+RWが8倍速、DVD-RWが6倍速、DVD-RAMが5倍速。

インタフェースはSATA 3.0。バッファメモリが4MB。本体サイズはW148×D181×H42.3mm、重量は740g。対応OSは、Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10。

○BDR-S11J-X

「BDR-S11J-X」は、再生するオーディオCDの再生品質を4段階で表示し、品質が低い場合に対処方法を表示する「オーディオ CD チェック機能」を搭載する高音質モデル。ディスクトレーにハイエンドオーディオ機器に採用されている塗装を施すことで、防振性能を向上。きょう体の内外装には特殊塗装を行い、放熱性、静音性、信頼性を高めている。

その他の仕様は「BDR-S11J-BK」とほぼ共通。

(リアクション)