彼女が妊娠したときの「男性の本音」4つ

写真拡大

付き合っているカップルだと、彼女が妊娠してしまう可能性もゼロではありません。もしそうなったとき、男性は正直どう思うのでしょうか? 今回は、彼女の妊娠が発覚したときの「男性の本音」をアンケート調査しました。

■うれしい

・「うれしくてうれしくてたまらなくなる」(35歳/運輸・倉庫/その他)

・「うれしい、健康な子どもが生まれてほしい」(32歳/運輸・倉庫/その他)

自分の子どもができたという事実は、男性にとっても素直にうれしいようです。彼氏が喜んでくれたら、彼女としてもホッとひと安心ですよね。

■結婚しなければ!

・「結婚しようとしか思わない。お父さんにどう挨拶に行くかも考える」(37歳/警備・メンテナンス/その他)

・「親御さんにすぐに挨拶に行き、籍を入れる」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「責任を取って結婚するしかない」(35歳/その他/専門職)

子どもを認知し、今後世話をしようと思ったとき、彼女と結婚するのがベターですよね。よって、責任を取るという形でそのまま結婚に踏み切る男性もいるようです。

■生活が大変になりそう

・「生活がきつくなりそうだなと先を考える」(33歳/その他/販売職・サービス系)

・「大変なことをしてしまったと思う、これからの金銭のやりくりを考える」(25歳/機械・精密機器/技術職)

結婚するにしてもしないにしても、育児をするには父親の経済的な協力が必要ですよね。これからの生活をどうするかなど、考えることが多そうです。

■本当に自分の子ども?

・「本当に自分の子どもなのか疑ってしまう」(36歳/機械・精密機器/技術職)

・「本当に自分の子どもか疑わしいと思う」(38歳/機械・精密機器/技術職)

実は心のどこかで、本当に自分の子どもだろうかと疑ってしまう場合もあるようです。男性ならではの不安な気持ちかもしれませんね。

■まとめ

彼女が妊娠した場合、素直に喜ぶ男性もいれば、今後の生活を不安に思う男性もいるようです。もしあなたが妊娠した場合、彼に不安があるようならきちんと話し合うなどして、生まれてくる子どもを笑顔で迎える準備をしておきたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2017年1月11日
調査人数:265人(22〜39歳の男性)