20代前半のころは場違いな気がして入れなかったお店や、気おくれしてできなかったことが、Googirl世代に突入すると、なんてことなく(さも当たり前のことかのように)できてしまったりするものです。そう、“ぜいたくデート”もしかり!
というわけで、今回は「大人になったからこそできる(似合う)ぜいたくデート」についてリサーチしてみました!

1: ホテルのバー、からのお部屋へGO!

「ホテルの最上階とかに併設されているオシャレなバーでオリジナルカクテルと夜景を楽しんだ後は、その下の階の部屋にチェックイン。ベタだけど、これが似合うのは大人だけだと思います!」(33歳/女性)

夜景を見ながらオリジナルカクテルで甘いムードに……こんなロマンチックな雰囲気が似合うのは、人生経験を積んできた人たちのみなのです。こういう大人の色気を漂わせるデートって、若いときにいくら背伸びをしてマネしてみても、なんだかチグハグなんですよね〜。

2: 高級料理店でのお食事デート!

「回らないお寿司というものを初めて食べたときの喜びが忘れられません。これが大人だけができるデートなのかと、しばらく幸せを噛みしめてしまいました!」(35歳/女性)

高級料理店での食事は、マナーを知らないと緊張しますもんね。その緊張感さえも心地良い刺激に感じられるようになったら、それはもう立派な大人の証拠です!

3: 客室露天付きの隠れ家温泉宿に宿泊!

「大浴場もイイけど、彼と行くならやっぱり客室露天付きの部屋じゃなきゃ! こういうところにお金をかけられるようになると、大人だなぁって思う。だって、若いときはいかに安く楽しむかしか考えていなかったもん!」(34歳/女性)

う〜ん、たしかに! 部屋食は譲れないとか、せっかく行くならグレードの高い宿に泊まりたいとか、いろいろ欲が出てきますよね〜。大人になると“どこにお金をかけようか”という考え方にシフトするのかもしれないですね。

4: ドレスコードのあるクラシックコンサートへ!

「ライブの延長線上にあるような砕けた雰囲気のコンサートではなく、ドレスコードのあるコンサートデートを楽しめたとき、なんてぜいたくなんだろうと感動しました。大人になってよかったと思った瞬間でした!」(32歳/女性)

堅苦しくて窮屈なだけだろうと思っていたことは、年齢とともに変化するということですね。こういうぜいたくなデートを普段のデートのなかに時折織り交ぜることは、きっと未来の自分形成のためのイイ刺激となっていくことでしょう。

皆さまはどんな大人のデートを楽しんでいるのでしょうか?