マイケル・リントン氏 写真:REX FEATURES/アフロ

写真拡大

 米ソニー・エンタテインメントのマイケル・リントン最高経営責任者が辞職し、米SNSのスナップチャットの会長に就任することが明らかになった。ハリウッド・レポーター紙が報じている。

 ペンギン・グループやウォルト・ディズニー・カンパニーなどで重役を歴任したリントンは、13年前にソニー・エンタテインメントに入社。映画部門では「スパイダーマン」シリーズや「007」シリーズ、テレビ部門では「ブレイキング・バッド」「THE BLACKLIST/ブラックリスト」などのヒットに恵まれ、出世を続けた。

 しかし、リントンはこのほどスナップチャットへの移籍を決意。同社にとっては初期の投資者のひとりで、これまで役員を務めてきた経緯がある。