『ズーランダー NO.2』 ©2016 Paramount Pictures.

写真拡大

『第37回ゴールデン・ラスベリー賞』のノミネート作品が発表された。

【もっと画像を見る(2枚)】

毎年『アカデミー賞』発表に前夜に発表され、前年の「最低映画」を表彰する「ラジー賞」こと『ゴールデン・ラスベリー賞』。今回の最多ノミネートとなったのは、ベン・スティラーが監督を務めた『ズーランダー NO.2』。ワースト作品賞、ワースト男優賞、ワースト助演女優賞・助演男優賞、ワースト監督賞など9つのノミネーションを果たした。

また『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』がワースト作品賞、ワースト男優賞など8ノミネート。さらに6ノミネートの『ダーティ・グランパ』、5ノミネートの『キング・オブ・エジプト』『Hillary's America: The Secret History Of The Democratic Party(原題)』『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』が続く。受賞結果の発表は2月25日に行なわれる。

『第37回ゴールデン・ラスベリー賞』ノミネーション結果

ワースト作品賞
『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』
『ダーティ・グランパ』
『キング・オブ・エジプト』
『Hillary's America: The Secret History Of The Democratic Party(原題)』
『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』
『ズーランダー NO.2』

ワースト男優賞
ベン・アフレック(『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』)
ジェラルド・バトラー(『キング・オブ・エジプト』『エンド・オブ・キングダム』)
ヘンリー・カヴィル(『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』)
ロバート・デ・ニーロ(『ダーティ・グランパ』)
ディネシュ・デスーザ(『Hillary's America: The Secret History Of The Democratic Party(原題)』)
ベン・スティラー(『ズーランダー NO.2』)

ワースト女優賞
ミーガン・フォックス(『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>』)
タイラー・ペリー(『BOO! A Madea Halloween(原題)』)
ジュリア・ロバーツ(『マザーズ・デイ』)
ベッキー・ターナー(『Hillary's America: The Secret History Of The Democratic Party(原題)』)
ナオミ・ワッツ(『アリージェント part1』『Shut In(原題)』)
シェイリーン・ウッドリー(『アリージェント part1』)

ワースト助演女優賞
ジュリアン・ハフ(『ダーティ・グランパ』)
ケイト・ハドソン(『マザーズ・デイ』)
オーブリー・プラザ(『ダーティ・グランパ』)
ジェーン・シーモア(『Fifty Shades of Black(原題)』)
セーラ・ウォード(『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』)
クリステン・ウィグ(『ズーランダー NO.2』)

ワースト助演男優賞
ニコラス・ケイジ(『スノーデン』)
ジョニー・デップ(『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』)
ウィル・フェレル(『ズーランダー NO.2』)
ジェシー・アイゼンバーグ(『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』)
ジャレッド・レト(『スーサイド・スクワッド』)
オーウェン・ウィルソン(『ズーランダー NO.2』)

ワーストスクリーンコンボ賞
ベン・アフレックと彼の永遠に最悪な敵ヘンリー・カヴィル(『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』)
2人のエジプトの神もしくは人々誰でも(『キング・オブ・エジプト』)
ジョニー・デップと吐き気がするほど鮮やかな衣裳(『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』)
かつてリスペクト受けた俳優全員(『素晴らしきかな、人生』)
タイラー・ペリーとあのいつものくたびれたカツラ(『BOO! A Madea Halloween(原題)』)
ベン・スティラーと彼のほとんど面白くない友達オーウェン・ウィルソン(『ズーランダー NO.2』)

ワースト監督賞
ディネシュ・デスーザ、ブルース・スクーリー(『Hillary's America: The Secret History Of The Democratic Party(原題)』)
ローランド・エメリッヒ(『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』)
タイラー・ペリー(『BOO! A Madea Halloween(原題)』)
アレックス・プロヤス(『キング・オブ・エジプト』)
ザック・スナイダー(『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』)
ベン・スティラー(『ズーランダー NO.2』)

ワースト続編、リメイク、パクリ賞
『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』
『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』
『Fifty Shades of Black(原題)』
『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』
『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>』
『ズーランダー NO.2』

ワースト脚本賞
『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』
『ダーティ・グランパ』
『キング・オブ・エジプト』
『Hillary's America: The Secret History Of The Democratic Party(原題)』
『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』
『スーサイド・スクワッド』