ロシア・ワールドカップを目指す日本代表にとって2017年は勝負の年に。中東での3試合を乗り越えたい。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大 (全3枚)

 年が明けてもうすぐ1か月が経つけど、2017年のサッカーカレンダーを見ると、興味深いイベントが目白押しだ。日本代表はロシア・ワールドカップに出場できるかが決まるアジア最終予選の残り5戦に臨む。ただ、アウェー、それも中東での3試合が残っているだけに、苦しい戦いが予想されるね。
 
 また、世代別代表が出場するU-20ワールドカップ(5月〜6月に韓国で開催)と、U-17ワールドカップ(10月にインドで開催)にも注目したい。ここ数年は出場を逃してきた大会なだけに、1試合でも多くこなせるよう頑張ってもらいたいよ。
 
 ただ、ロシア・ワールドカップを含めて、世界大会に“出場するだけ”ではなんの意味もないことも理解してもらいたい。最近、ワールドカップはお祭りのように見られがちで、悲惨な結果に終わっても、温かく迎えられることが多いよね。でも周囲もシビアな目を持って、監督や選手に具体的な結果を求めないと日本サッカーは発展しないよ。
 
 それに世代別代表の世界大会で上位進出することも重要だけど、同時にA代表にひとりでも多くの人材を送り込めるよう、大会を通じて選手を育てることも大切なテーマだ。話題性のある若手が少ないだけに、指導者たちには育成という観点でも“結果”を残してもらいたい。
 また海外組にもより奮起を求めたいね。2016年は所属クラブで出場機会を失う選手が目立った。昨年11月の最終予選・サウジアラビア戦で、ハリルホジッチ監督は、それまでのネームバリュー重視の起用法を改め、コンディションの良い選手を使って結果を残したんだ。
 
 その意味でも、ミランでベンチ生活が続く本田や、ドルトムントで存在感が薄くなっている香川らは正念場と言えるはずだよ。しっかりクラブで結果を残さなくては、メンバー外という事態もあるんじゃないかな。
 
 一方、Jリーグに目を移せば、ここ2年採用した2ステージ制から、1シーズン制へとレギュレーションが戻る。2ステージ制は世界的に見ても珍しい方式だっただけに、1年を通じてリーグ戦を行なうようになるのは歓迎すべき変化だよ。
 
 だけど、ただ戻すだけというのは、もったいない気がする。Jリーグとしてはより多くの人に関心を持ってもらうために、シーズンが始まる前に今年のJリーグはこう変わりますともっと告知すべきだと思うよ。
 また、1シーズン制は勢いだけで優勝するのが難しいわけだから、各クラブはオフにしっかり準備をして、シーズンの戦い方を考えてもらいたい。
 
 大型補強に動いているチームも目にするけど、大事なのは明確な目標を掲げ、そこに辿り着くための指針を作ること。
 
 昨年にチャンピオンシップと天皇杯を制したアントラーズは、その指標がぶれないから19個ものタイトルを獲得できているわけだ。
 
 今オフのレッズは積極的に動いていないし、フロンターレは指揮官が交代し、エースの大久保も抜ける。
 
 となれば、チャンピオンチームのアントラーズにどのクラブが食い付いていけるのか。台風の目となるようなチームにも現れてもほしいよね。