写真提供:マイナビニュース

写真拡大

静岡銀行は1月23日、同行が運営するスマートフォン用アプリ「しずぎん STATION」において、「税公金払込サービス」の取り扱いを開始した。

「しずぎん STATION」は、口座の残高や入出金明細の確認ができるアプリ。なお、ダウンロードは、Android端末が「Google play」、iPhone端末が「App Store」から可能となっている。

このたび追加された「税公金払込サービス」では、納付書のバーコードをスマートフォンのカメラで読み取り、自身のパスワードを入力すると、銀行やコンビニエンスストアに出向くことなく、税公金の払い込みが完了する。「税公金払込サービス」の利用には、税公金の支払いに使用する普通預金口座の登録が必要となる。利用料は無料。

「税公金払込サービス」の取り扱いは、静岡市と磐田市から開始し、今後エリアの拡大を図る予定とのこと。また、取り扱い可能な税公金は、静岡市が国民健康保険料と国民健康保険税、磐田市が市県民税(普通徴収)・固定資産税・都市計画税・軽自動車税・国民健康保険税となっている。

(CHIGAKO)