シン・ジェミン、新ドラマ「カノジョは嘘を愛しすぎてる」に出演決定…人気バンドのキーボーディストを務める

写真拡大

俳優シン・ジェミンが「カノジョは嘘を愛しすぎてる」にキャスティングされた。

所属事務所BROOMSTICKは「俳優シン・ジェミンがtvNの新月火ドラマ『カノジョは嘘を愛しすぎてる』でのバンド『クリュードプレイ』のメンバーイ・ユン役で合流する」と24日明らかにした。

劇中、クリュードプレイは“音楽界のミダースの手”チェ・ジンヒョク(イ・ジョンジン) が発掘したバンドで、19歳でデビューしてから5年間、様々な音楽の試みを披露し好評と人気を得ているバンドだ。その中でシン・ジェミンが引き受けたイ・ユンは、クリュードプレイのギタリストでありキーボーディストだ。彼は愛らしいルックスと格別な愛嬌で、メンバーの中で最も多くの年上の女性ファンを保有しているメンバーだ。

シン・ジェミンはドラマキャスティングオーディションでしっかりとした演技力はもちろん、ずば抜けた楽器演奏の実力を認められ、キャラクターの外見のシンクロ率が最も高いと評価を受けた。実際でもボーイズバンド出身のシン・ジェミンは、経験を生かした演技力で視聴者に存在をアピールする予定である。

2017年良いスタートを切るシン・ジェミンは、「良い作品を共にでき、最近はとても幸せだ。最善を尽くして良い演技をお見せできるよう努力する」とキャスティングの感想を伝えた。

「内省的なボス」の後番組で、3月オンエア予定のtvNの新月火ドラマ「カノジョは嘘を愛しすぎてる」(演出:キム・ジンミン、脚本:キム・ギョンミン) は、正体を隠した天才作曲家のカン・ハンギョル(イ・ヒョヌ) と、彼に一目惚れした“ビタミンボイス”を持つ女子高生ユン・ソリム(Red Velvetのジョイ) の純正清涼ロマンスである。同名の日本漫画をリメイクした作品で、ドラマ「結婚契約」「犬とオオカミの時間」などで優れた演出力を見せてくれたキム・ジンミンプロデューサーがメガホンを取る。