キム・ドンウク、ドラマ「自己発光オフィス」出演オファーを受け“前向きに検討中”

写真拡大

キム・ドンウクが「自己発光オフィス」の出演を検討している。

キム・ドンウクの所属事務所キーイースト側は24日、10asiaに「キム・ドンウクがMBC水木ドラマ『自己発光オフィス』の出演を前向きに検討している」と述べた。

キム・ドンウクが出演を確定させれば、先日キャスティングされたコ・アソン、ハ・ソクジンと共に息を合わせることになる。

「自己発光オフィス」は、2016年上半期MBCドラマ脚本公募授賞式においてミニシリーズ部門優秀賞を得た作品で、チョン・フェヒョン作家の弾けるストーリーに、「明日も勝利」「ドラマフェスティバル−私の人生のコブ」「輝くロマンス」で繊細さを見せてくれたチョン・ジインプロデューサーの演出力が加わる。

「自己発光オフィス」は、「ミッシングナイン」の後番組で韓国で3月に放送される予定だ。