1月20日、メル・ギブソンに男児が誕生した/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

メル・ギブソン(61)の恋人で、交際して約2年になるロザリンド・ロス(26)が、1月20日に男の子を出産。これでメルは9人の子どもの父親になった。

【写真を見る】メル・ギブソンと26歳の美しくきパートナー、ロザリンド・ロス/写真:SPLASH/アフロ

メルは昨年9月にロザリンドの妊娠を認めていたが、「ラース・ジェラルド・ギブソンは、1月20日の金曜日にロサンゼルスで誕生しました。体重は5ポンド5オンス(約2400g)です。メルもロザリンドも感動していますし、ラースはとてもかわいいです。メルはとにかく大喜びしています。家族はみんな集まっていて、健康で幸せいっぱい」だと複数の関係者がピープル誌に対し明かしている。

熱心なカトリック教徒であり、避妊や妊娠中絶に異を唱えているメルは、1979年に結婚したロビン・ムーアとの間に男の子6人と女の子1人を授かったが、2006年から別居し2011年に離婚。2009年にはロシア人の恋人でオクサナ・グリゴリエヴァとの間に授かった女の子がおり、今回で男の子7人、女の子2人の合計9人に。

国民的スターだったはずのメルも、オクサナへのDV疑惑や飲酒運転、ユダヤ教徒への差別発言などで、長い間映画界から遠ざけられていた感があった。

しかし、昨年のヴェネチア国際映画祭で世界初上映された『ハクソー・リッジ(原題)』(夏公開)が、約10分間のスタンディングオベーションを受けるなど絶賛され、復活を予感させている。

現地時間1月8日に行われた第74回ゴールデングローブ賞授賞式で、『ハクソー・リッジ(原題)』の監督としてノミネートされていたメルは、お腹の大きなロザリンドと共にレッドカーペットを歩いたが、アカデミー賞でもノミネートされるか注目されており、今年はメルにとって公私共に最高の1年になりそうだ。【NY在住/JUNKO】