「守る働く乳酸菌」を笑顔で飲んでいる、湘南ゼミナールの生徒

写真拡大

アサヒ飲料と学習塾の湘南ゼミナール(横浜市中区)は、同ゼミナール藤沢北口教室(神奈川県藤沢市)に通う中学3年生全員に、カルピス由来の独自の乳酸菌「L-92乳酸菌」を配合した乳性飲料「守る働く乳酸菌」を1日1本無料で配布する「受験生応援サンプリング」を実施している。

この「受験生応援サンプリング」は、アサヒグループの独自素材である「L-92乳酸菌」を活用し、現代人の健康をサポートする<「L-92乳酸菌」健活プロジェクト>の第一弾として企画された。大切な高校入試の日を万全のコンディションで迎えてほしいアサヒ飲料と、学力向上だけでなく体調管理等も含めた総合的サポートを行いたい湘南ゼミナールの思いが一致し、今回のコラボが実現した。配布期間は1月4日から2月14日までの42日間で、対象者は中学3年生71人。数多くの菌株から選び抜かれた「L-92乳酸菌」を配合した「守る働く乳酸菌」を毎日摂取してもらう。

約3000人の従業員もみんな飲んでいる

17年2月15日に実施される神奈川県公立高校入試共通選抜は、学力検査にマークシート方式が新たに始まる。15年度と16年度の入試で採点ミスが相次いだことから、その防止策として導入が決まった。問われる問題の本質は変わらないとはいえ、新たな対策は当然必要だ。部分点はもらえないし、マークミスやマークのずれが命取りになる。受験生本人や家族にとって不安要素は例年以上に増えている。ストレスがたまれば体調不良になることだってある。

そんな受験生に配布するのは、授業の前後に手軽に飲める1本200mlの飲みきりサイズ。厳しいテストに「合格」した「守る働く乳酸菌」を飲んで、全員が志望校に合格してほしいというメッセージが込められている。健康にいい食品をとることで、この時期に大流行する感染症の予防対策につながる可能性もある。

さらにアサヒ飲料では、全社レベルで「健康価値向上」を推進するため、「L-92乳酸菌」配合の乳性飲料「守る働く乳酸菌」を1日1本30営業日分を無料配布する 「全従業員サンプリング」を2月17日まで実施中だ。約3000人の全従業員に「守る働く乳酸菌」を毎日1本無償で提供。期間終了後、30日間の飲用で健康状態や健康への意識がどう変化したかアンケート調査を行う。アンケートで得られた結果は、従業員の健康づくりや製品開発に活用していくという。