奥深きアジア納豆の世界

写真拡大

高野秀行といえば探検家として知られています。ミャンマーの山奥の麻薬地帯に潜入したり、国家が崩壊したといわれたソマリランドへ潜入したら案外平和であったりと、さまざまな気づきを与えてくれます。さらにユーモアラスな筆致も高野秀行の魅力だといえるでしょう。文化人類学のような堅苦しい学術論文スタイルでもなく、かといって俺はこんなにすごい冒険をしたんだという武勇伝にもなっていない、高野秀行でしかない文体があります。

納豆の秘密を探る

そんな高野ワールドを堪能できる一冊が『謎のアジア納豆: そして帰ってきた〈日本納豆〉』(新潮社)です。これは日本固有の食物と思われた納豆と似たような食べ物がアジアの各地に存在することに注目し、各地をめぐったものです。日本の納豆は、大豆をわらで包むことにより、わらについた納豆菌が大豆を発酵させることで粘り気を作り出します。アジア納豆は、葉っぱで豆を包んで納豆のようなものを作り上げています。高野たちは、日本でもわら以外の植物で実験を行い、納豆を作り出すことに成功します。

どこがルーツ?

そこでひとつの疑問が思い浮かびます。納豆は、どこからか伝来していったものか、あるいは同時多発的に生まれたものなのかといった点でしょう。本書は、伝来説よりも同時多発説をとります。さらに、アジアには広く魚を発酵させた魚醤、ナンプラー文化がありますが、納豆文化が存在するのは、海魚の取れない内陸部であることに着目します。そうした地域で作られる納豆は、濃い味付けがなされ、せんべいのように乾燥させて、調味料の代わりに使われています。ところ変われば納豆にも変化が見られることがわかる面白い本です。