メーガン・マークルの兄は先日、脅迫罪と武器の不法使用で逮捕された/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

ヘンリー王子と交際中のメーガン・マークルの異母兄で、先日ミシガンで逮捕されたトーマス・マークル・ジュニアが、「結婚式に出席させてほしい」と語っていることが分かった。

【写真を見る】逮捕されたメーガンの兄トーマス・マークル・ジュニア/写真:SPLASH/アフロ

トーマスは、恋人の頭に拳銃を向けた容疑などで逮捕され、刑務所に1日拘束されたのち、前妻から借りたお金で罰金を支払い、すでに出所している。所持していた拳銃に弾丸は装填されていなかったが、逮捕時には飲酒運転の基準値を大きく超えるアルコールが検知されたことも明らかになっており、有罪判決を受ければ最長で5年の禁固刑を科せられる。

トーマスはザ・サン紙のインタビューで、「メーガンとヘンリー王子は、きっと結婚して子どもを授かると思う。もし許されるなら、今でも結婚式に出席したいと思っている」「メーガンに、心の底から謝罪したい。王室に嫁ぐかもしれない彼女に、汚点を残すことだけはなんとしてでも避けなければならない」と語っている。

また先週トーマスの24歳になる息子も、「父は自分のやったことが、どれだけメーガンや家族に迷惑のかかることかわかっているし、深く反省している。みんなに申し訳ないと思っているし、謝罪の気持ちでいっぱいだ」と父親を擁護した。

メーガンとトーマスは仲の良い友達のような関係だったそうだが、メーガンがハリウッドに進出したことで、2人の関係は大きく変わったようだ。また、メーガンには異母姉もいるが、こちらはメーガンを思いきり非難しており、挙式には招待されないと思われる。

メーガンを取り巻く複雑な家庭環境からも、周囲は2人の結婚に反対しているが、交際は続いているようで、婚約や挙式も近いと言われている。【NY在住/JUNKO】