写真提供:マイナビニュース

写真拡大

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『iPhone 7だけで「いい音」を録音できる?』という質問に答えます。

***

iPhone 7には3基の小型マイクが内蔵されており、録音機能を備えたアプリ『ボイスメモ』が標準装備されていますから、周辺機器の力を借りることなく周囲の音を録音できます。ただし、モノラル録音になるため、音の広がりや臨場感という点では期待できません。録音レベル調整機能もなく、大音量を入力すると音割れしてしまう可能性があります。

さらに、『ボイスメモ』の録音条件はフォーマットがサンプリング周波数48kHz/量子化ビット数16bit、ファイル形式がM4A(AAC)で固定されています。講演や会議の様子を録音するなど「メモ代わり」にはじゅうぶんですが、「いい音」が求められる演奏の録音に向いているとはいえないでしょう。

外付けマイクを用意できるのであれば、話は変わってきます。Lightningコネクタに接続するタイプのステレオマイクを利用すると2チャンネル録音が可能になりますし、別売の製品なだけに高性能で音質も優れています。なお、iPhone 7以前の機種では、ヘッドホンジャックに接続するタイプの外付けマイクも利用できますが、入力はモノラルとなります。

ヘッドホンジャックがないiPhone 7の場合、小型マイクを内蔵したBluetoothヘッドホンを使うという手もありますが(「Made for iPhone」ロゴが付いた製品)、リモコン部に内蔵された小型マイクを利用するタイプの製品がほとんどですから、音質面ではあまり期待できません。

(海上忍)