チャン・ソヒ、Imagine Asiaと専属契約を締結…中韓両国での活動を高く評価

写真拡大

女優チャン・ソヒがオ・ヨンソ、ユ・ドングン、チョン・インファの所属事務所であるImagine Asiaと契約し、韓国国内外の活動に拍車をかける予定だ。

24日、Imagine Asiaは「13億の中国人を魅了した韓流スターチャン・ソヒとパートナーシップを締結し、これまで精力的に展開してきた中国での活動はもちろん、韓国での活動も積極的に支援していく予定だ」と明かした。

また「チャン・ソヒは様々な作品を通じて韓国だけでなく中国でも確実なファン層を確保しており、“大陸の女神”として中韓両国の文化交流を率いている。素晴らしい演技力、流暢な中国語で現在中国のドラマや映画に出演し、精力的な活動を展開しているチャン・ソヒに多くの関心と声援をお願いしたい」と期待を求めた。

SBSドラマ「妻の誘惑」、MBCドラマ「人魚姫」などでシンドロームを巻き起こしたチャン・ソヒは韓国・中国・台湾の合作ドラマ「庚子西京記」で一人二役を務め、本格的な中国進出を宣言した。その後、中国でトップスターの仲間入りを果たし大きな人気を博したチャン・ソヒは、中国ドラマ「隋唐英雄」、MBCドラマ「我が家のロマンス」など韓国国内外で精力的な活動を展開してきた。

映画、ドラマ、レコード、公演、コンテンツ投資・流通などエンターテインメント事業全般を展開している総合エンターテインメント会社Imagine Asiaと吸引力のある演技で作品ごとにシンドロームを巻き起こしたチャン・ソヒの専属契約が知られ、業界の注目が集まっている。