「量産ザクサラダ」(842円)

写真拡大

「こいつ、うまいぞ」。オフィシャルカフェで新たな“ガンダム飯”が食べられる。

【写真を見る】シャアザク・ライスやアッガイ・カレー!世界観を再現した“ガンダム飯”

株式会社バンダイ イベント&ロケーション開発部は、オフィシャルカフェ「GUNDAM Cafe(ガンダムカフェ) 秋葉原店」と「GUNDAM SQUARE(ガンダムスクエア)」で提供中のグランドメニューを、1月25日(水)からリニューアルする。

新グランドメニューは、TVアニメ第一作の「機動戦士ガンダム」を始め、「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」やTVアニメ最新作「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」など9作品のガンダムシリーズをモチーフにラインナップ。作中に登場する食事シーンを再現したメニューや人気キャラクターなどを扱ったメニューが充実している。

「ア・バオア・クー・パフェ」(734円)は、「機動戦士ガンダム」作中のクライマックスであるアムロとシャアの戦いをイメージしたフルーツどら焼の和風パフェ。「量産ザクサラダ」(842円)は、頭部に季節野菜とフルーツを詰めた陶器製ザクをプレートに3つ並べた。

「機動戦士ガンダム」に登場する伊達男“スレッガー・ロウ”が作中で食べていたハンバーガーを再現した「スレッガーバーガー〜あんたに食べてほしいんだ〜」(950円)など、作品の世界観を体感できるメニューがそろう。

また、各店舗限定メニューも登場。「GUNDAM Cafe 秋葉原店」では、「機動戦士ガンダムUC」から、運命に導かれユニコーンガンダムを手にした主人公である“バナージ・リンクス”、地球連邦政府・軍内部の歪みの只中でユニコーンガンダム2号機 バンシィに乗る“リディ・マーセナス”、戦争の悲劇が生んだ強化人間“マリーダ・クルス”の、三者三様の苛烈な運命の絡み合いをイメージした「絡み合う獣たち」(1296円)などが用意される。

「GUNDAM SQUARE」では、アムロとシャアの運命の激突を特製チキンライスとミックスフライで再現した「白と赤の始まり」(1296円)などが味わえる。

東京と大阪で限定メニューの食べ比べも楽しめる新たな“ガンダム飯”。あまりの再現性に、食べる前に思わずセリフも口にしそうだ。「アムロ、食べまーす!」。【ウォーカープラス編集部/コタニ】