写真提供:マイナビニュース

写真拡大

エイネットは、テレビ会議/Web会議システム「FreshVoice」をメジャーバージョンアップし、1月25日より販売を開始すると発表した。

FreshVoiceは、独自のコーデックを搭載し、フルHDに対応したソフトウェアテレビ会議システム。今回、7年ぶりとなるメジャーバージョンアップを行い、コーデックを全面刷新した。

今回のバージョンアップでは、H.264SVC、H.264AVCに加えて、オプションでH.265へ対応した(高画質モードのみ対応)。高画質モードでは従来の最高1080iから1080pでエンコード/デコードができる(サーバ導入タイプのみ)。H.265は今後期待される4K/8Kの標準的なフォーマット。今回のコーデック変更によって、将来的な4K/8Kへの対応も計画している。

従来、これらの高解像度映像の圧縮/伸張には、専用のハードウェアが必要とされてきた。それに対し、FreshVoiceの新バージョンでは最新のソフトウェア映像/音声圧縮技術の採用によって、PCの負荷を大幅に低減させることに成功。専用のハードウェアを不要にした。また、機能面でも動画共有を標準で装備するなど、従来のこのレベルの製品としては考えられなかった低コストを実現している。

さらに今回、コーデックの全面刷新に合わせ、ARMアーキテクチャーを採用するiOSデバイスへの最適化を行った。これにより、PC版だけではなく、iOSデバイスの利用時においても、大幅なパフォーマンスの向上を実現。iPad利用時はPCと同様に最大16分割の会議参加者表示が行えるようになるなど、使い勝手が向上。iPhone利用時でも、より滑らかな映像や、レンジが広く、途切れのない音声など、クオリティも向上している。

エイネットは、今回のバージョンアップによって、高価な専用機型テレビ会議からローコストなソフトウェアタイプへの置き換えを促進し、あらゆる企業での遠隔会議導入を促していくとしている。

提供価格(税別)は、1ユーザー3000円から。

(山本明日美)