ユン・ギュンサン&キム・サンジュン主演ドラマ「逆賊」予告映像第3弾を公開…特有のナレーションに注目(動画あり)

写真拡大

MBC新月火ドラマ「逆賊」の予告映像第3弾が公開された。

MBCが2017年初の時代劇として野心的に披露する「逆賊:民を盗んだ盗賊」(脚本:ファン・ジニョン、演出:キム・ジンマン、チン・チャンギュ) は小説ではなく、燕山君(ヨンサングン) 時代に実在した歴史的人物“ホン・ギルドン”のストーリーで話題を集めている作品だ。

23日ポータルサイトとテレビで公開された予告映像第3弾は、劇中で主人公のホン・ギルドン(ユン・ギュンサン) の父親として出演するアモゲ役のキム・サンジュンのナレーションで進む。映像では“国には逆賊だったが、民の心を得たホン・ギルドン”と、“国の君主だったが、民の逆賊になった燕山(キム・ジソク)“が対立する。

特に、キム・サンジュンが長い間司会を務めてきた番組「それが知りたい」のような雰囲気でナレーションが行われ、ドラマの内容に対する好奇心をくすぐっている。また、キム・サンジュンと共に“歴史を読んでくれる男”として有名な歴史教師ソル・ミンソクがサプライズ登場して、さらに好奇心をくすぐっている。

「逆賊」は「キールミー・ヒールミー」「スキャンダル:非常に衝撃的で不道徳な事件」を通じて、独特な題材と感覚的な演出力を証明したキム・ジンマンプロデューサーがメガホンを取り、ドラマ「絶頂」「帝王の娘 スベクヒャン」で吸引力のあるストーリーで認められたファン・ジニョン脚本家が執筆を手がけた。30日から韓国で放送がスタートする。