チョンウ&カン・ハヌル出演「再審」2月16日の韓国公開を確定&“真実の映像”を公開(動画あり)

写真拡大 (全2枚)

映画「再審」(監督:キム・テユン) が、メインポスターとともに“その日の真実の映像”を公開した。

「再審」は、目撃者が殺人犯に変わったことで大韓民国を揺さぶった事件をテーマに、崖っぷちに立たされた弁護士のジュニョンと殺人の濡れ衣を着せられて懲役10年の宣告を受けたヒョヌが、真実を明かすために奮闘するストーリーを描いた映画だ。

2月16日に韓国での公開を確定した「再審」がメインポスターを公開し、観客に会う準備を整えた。今回公開された「再審」のメインポスターは、チョンウとカン・ハヌル2人の俳優のブロマンスが輝いている。「私が言うから。君は殺人犯じゃないと」という文面とともに、弁護士ジュニョン(チョンウ) の真っ直ぐとした眼差しと、被疑者ヒョヌ(カン・ハヌル) の幼い子供のような泣き顔は、観客の心を揺さぶる。「再審」はチョンウとカン・ハヌルの2人の俳優の組み合わせが、映画の重要なキーポイントとして作用する予定だ。

共に公開された“その日の真実の映像”では、韓国を揺るがした殺人事件の転末を確認することができる。多くの人々の怒りを呼んだ、いわゆる「薬村五叉路殺人事件」の真実に一歩迫る今回の映像は、「再審」のストーリーの本格的な開始を知らせた。

濡れ衣を着せられて10年間にわたり監獄生活を強いられたヒョヌのエピソード、そして一緒に崖っぷちに立たされた弁護士ジュニョンがヒョヌに近付く瞬間が公開され、2人の男の息ぴったりのブロマンスを予告している。韓国で16日に公開される予定だ。