「君の名は。」新海誠監督、再訪韓が決定!“観客動員数300万人”の公約を守る

写真拡大

映画「君の名は。」の新海誠監督が再び韓国を訪れる。

新海誠監督は22日、自身のSNSに「『君の名は。』中国とタイに続き、韓国でも歴代邦画の興行新記録を先ほど達成したとのこと。心より感謝です! 来月、ご挨拶にもう一度訪韓いたします」と書き込んだ。

これに先立ち、新海誠監督は「君の名は。」が観客動員数300万人を突破したら韓国を再訪問するという公約を掲げていた。

「君の名は。」は22日に302万人の観客を動員し、韓国で公開された歴代日本映画の中で興行成績1位となった。これは「ハウルの動く城」(2004) のスコア(301万人) を13年ぶりに塗り替えた記録である。

「君の名は。」は、夢の中で身体が変わった都会の少年・立花瀧と田舎の少女・宮水三葉、会ったことのない2人が展開する家族と愛に関するストーリーを描いたアニメだ。日本で観客動員数1700万人を突破するブームを巻き起こした。

「君の名は。」歴代の日本映画興行1位に…観客動員数は300万人を突破!