『グレートウォール』 (C) Universal Pictures

写真拡大

『ジェイソン・ボーン』シリーズのマット・デイモン主演、中国の巨匠チャン・イーモウ監督がタッグを組み、人類史上最大最長の建造物「万里の長城」を舞台に壮大な戦いを繰り広げるアクション大作『グレートウォール』。この映画の日本オリジナル版予告編と場面写真が解禁となった。

[動画]解禁となった『グレートウォール』予告編

万里の長城は、建造に約1700年、長さ2万1196.18kmを誇る、人類史上最大の建造物。これまで貿易の拠点としてだけでなく、異民族の侵攻など多くの危機を防いできたが、その建造の“目的”については、史実とともに数々の伝説も伝えられてきた。

解禁となった予告編は、金と名声のため強力な武器を求め世界を旅する傭兵のウィリアムが万里の長城にたどり着くところから幕開け。城壁の外から圧倒的な力で攻撃を仕掛けてくる謎の敵に対し、「今まで自分のためだけに戦ってきた。だが、ようやく分かった。戦う意味を」と話すウィリアムが、仲間とともに命懸けで戦うというストーリーで、ラストには「万里の長城には我々の知らない秘密が隠されていた」という謎めいたナレーションが流れる。

ウィリアムをデイモンが演じるほか、2014年にハリウッド映画賞国際賞を受賞した女優ジン・ティエン、アジアを代表する俳優アンディ・ラウなど、豪華キャストが集結。

『HERO』(02年)、『LOVERS』(04年)でアクションに映像美を取り入れたイーモウ監督が、今度はどんな演出を見せるかにも注目が集まる『グレートウォール』は4月14日より全国公開となる。