中国では自動車の急速な普及に伴って駐車場不足が深刻化しているが、不足しているだけでなく、中国人ドライバーたちの駐車の方法にも大きな問題があるようだ。中国メディアの今日頭条は19日、「中国の駐車場はめちゃくちゃだ」として、日本の駐車場の様子と比較する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国では自動車の急速な普及に伴って駐車場不足が深刻化しているが、不足しているだけでなく、中国人ドライバーたちの駐車の方法にも大きな問題があるようだ。中国メディアの今日頭条は19日、「中国の駐車場はめちゃくちゃだ」として、日本の駐車場の様子と比較する記事を掲載した。

 記事はまず、中国人は全体として日本に対する好感度が低く、反日愛国者も多いとしながらも、「それでも中国人は日本人の民度は尊敬せざるを得ない」と率直に認めた。それは、自動車の駐車の仕方からも分かるという。

 記事は日本と中国の駐車場を撮影した写真を複数掲載し、比較しているが、日本の駐車場はどの車も枠の中にきちんと停めているため、整然していて芸術的でさえある。一方の中国は、空いているスペースがあればどこでも駐車している状況で、駐車場の奥に停めている自動車は駐車場から出ることはまず無理だ。また、日本ではよく見かける立体駐車場の写真も紹介しているが、中国ではまだまだ数が少なく、あまり目にすることはない。

 こうした写真を通じて、中国の駐車場は「本当にめちゃくちゃ」で、中国人の「民度は低いと言わざるを得ない」と指摘した。また、日本の駐車場はとても「規則性」があり、中国も日本に学ぶべきと締めくくった。

 中国の駐車場不足は非常に深刻であり、絶対的に数が不足しているのは確かだが、それ以上に、自分の車を駐車することしか考えず、他の車や交通への妨げなどを考えない自分勝手な人が多いことも、駐車問題に拍車をかけているのではないかと思われる。日本のように他人に迷惑をかけないという気持ちを持つことも大切なのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)