ココナッツシュガーを使っている

写真拡大

オーガニックフードメーカーの薬糧開発(横浜市)は、ジャン・ミッシェル・モルトロー氏と共同開発したショコラ「ラ・ドゥスール・デュ・ヴォヤージュ・ドゥ・ラ・タブレット・ビオ」を、「サロン・デュ・ショコラ2017」で2017年2月2日から4日間限定で発売する。

モルトロー氏は、オーガニック素材を使うことにこだわったフランス出身のショコラティエ。

今回販売するのは、そのフランスでも注目をされている「代替砂糖」を使ったタブレットアソート(ミニサイズの板チョコ)。キビ砂糖の代わりに、「ココナッツシュガー」を100%使っており、まろやかな甘味と黒糖のような香ばしさが感じられる。

また、血糖値の上昇率を表すGI値も白砂糖の3分の1ほどで、アミノ酸やビタミン、食物繊維などの栄養素も豊富。

価格は2160円(税込、以下同)。「サロン・デュ・ショコラ2017」は、東京都千代田区の東京国際フォーラムで開催される。