「みんなのサイネージ」

株式会社電通は、「みんなのサイネージ」を開発し、2017年2月1日(水)から販売を開始する。デジタルサイネージを見やすくするデザインフォントとカラーで、多言語対応への相談も可。第1弾として、4月3日(月)から都営バスのデジタルサイネージ上で、この「みんなのサイネージ」を利用したコンテンツが表示される。昨今では、デジタルサイネージの分野においても、“見やすさ”や“分かりやすさ”への配慮が求められる時代となっており、今後ますますその傾向は強まることが予測される。そのような時代の流れを考慮し、同社の社内横断チームである電通ダイバーシティ・ラボと、デジタルサイネージ媒体を取り扱うアウト・オブ・ホーム・メディア(OOH)が開発したのが「みんなのサイネージ」だ。書体には、同社と一般社団法人ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会(UCDA)、株式会社イワタが共同開発したユニバーサルデザイン・フォント「みんなの文字」を使用。色弱者の見え方の特徴にも気を配り、多くの人が情報を判別できる配色を実現するカラーユニバーサルデザインに対しても配慮されている。この「みんなのサイネージ」は、一般社団法人ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会から“見やすさ”のUCDA認証、特定非営利活動法人カラーユニバーサルデザイン機構(CUDA)からCUD認証を取得済みだ。今回のリリースとともに、株式会社電通では、今後もサイネージからの情報をできるだけ“見やすく”読めるように、新しいデザインに取り組んでいくことをアナウンスしている。株式会社電通
URL:http://www.dentsu.co.jp/
2017/01/24
▷こちらもおすすめ
神戸市の多言語案内サインで使用される日本語と中国語の書体にヒラギノフォントが採用