【詳細】他の写真はこちら

これは演奏してみたい!

iPadではキーボードを利用した音楽アプリがいろいろありますが、やっぱり画面タッチで演奏するのはどうも味気ない。なにか別の楽しみ方はないのかな〜と思っていたら、ありました。株式会社ユードーが開発中の、iPadのキーボードにかぶせる音楽キーボード『KAMI-OTO』です。



何の変哲もない何枚かのA4サイズのダンボールが、30分程度の組み立てで音楽用のキーボードに早変わり。アップル純正Bluetoothキーボードに『KAMI-OTO』をかぶせてiPadを乗せれば、手作りMIDIキーボードが完成します。これさえあれば『Piano Man』や『GarageBand』などのさまざまな音楽アプリで、より気軽に楽しく演奏や作曲を楽しむことができるというわけ。



上の組み立て写真では『iPad』とアップル純正キーボードの組み合わせが想定されていますが、将来的にはAndroidタブレットや他のキーボードにも対応予定。製品化に向けてクラウドファンディングでの資金調達も計画しているということです。

音楽を始めたい、でも大きくて高額な音楽用キーボードにはなかなか手を出しにくい……そんな人にとって、タブレット端末をキーボードに変えられる『KAMI-OTO』は心強い味方になりそうですね!

文/塚本直樹

関連サイト



KAMI-OTO(公式サイト)

関連記事



電子パーカッションの未来形。押したりコスったりする楽器『aFrame』を見よ!【動画】

ローランド初!“デジタル管楽器”『Aerophone』が奏でる、驚きの超自然サウンド【動画あり】

春の訪れは音楽と共に。最新“音”ガジェットで盛り上がる!【楽器編】