G-DRAGON、ソロ曲「CROOKED」MVが再生回数1億回を突破…グループ内のソロとしては“史上初”

写真拡大 (全2枚)

またも新記録だ。BIGBANGのG-DRAGONが「CROOKED」のミュージックビデオでYouTube再生回数1億回を記録した。韓国のソロ歌手の中ではPSY(サイ) に次ぐ記録であり、グループではなく、メンバー個人のミュージックビデオがこのような記録を打ち立てたのは初めてだ。

G-DRAGONのソロ曲「CROOKED」のミュージックビデオは24日午前7時基準、1億7万3808件の再生回数を記録している。23日午後に1億回を突破した。

この曲は2013年9月に公開されたG-DRAGONの2ndソロアルバム「COUP D'ETAT」に収録された曲で、4曲のタイトル曲のうちの1曲だ。TEDDYとG-DRAGONが共同で作詞・作曲した曲で、ミュージックビデオには反抗的なG-DRAGONの姿が収められ、視線を引きつける。

YG ENTERTAINMENTは公式ブログであるYG LIFEに、G-DRAGONのYouTube再生回数1億回突破を祝うイメージを公開し、このニュースを伝えた。

今回のG-DRAGONの記録は、韓国の男性アイドルソロとしては史上初の記録で注目されている。韓国のソロ歌手の中ではPSYとキム・ヒョナが1億回を突破した記録を保持している。

また、G-DRAGONはSOLとコラボした「GOOD BOY」のミュージックビデオでも再生回数1億回を突破している。この曲は昨年4月に1億回を突破し、底力を見せつけた。

G-DRAGONはBIGBANGの「FANTASTIC BABY」「BANG BANG BANG」「LOSER」「BAD BOY」をはじめ、ソロ曲「CROOKED」まで6曲の“1億回突破MV”を保有することになった。このうち、「FANTASTIC BABY」と「BANG BANG BANG」は2億回を突破したミュージックビデオで、新記録を塗り替えている。