写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ある日、公園の植物案内で、やたら「バラ科」が目立つのに気がつきました。それで調べてみたら、サクラもイチゴもアーモンドまでバラ科でびっくりしたので、記事にしてみましたよ。

最近の大きめの公園は、なかなかオシャレですな。昔だとおばちゃんがやっている売店でフランクフルトを焼いていたりしてましたが、最近ではオープンテラスのカフェだったりいたします。ある日、フショー東明、某大型都市公園で、人と待ち合わせをしていました。相手が遅れるというので、カフェの外ベンチでスマホなぞいじっていたら、なんということでしょう。電源があがりかけていたのですね。待ち合わせでスマホが切れるのもこまったので、暇つぶしにその辺をキョロキョロと見まわしていて気がついたのです。樹木などの案内プレートに、やたら「バラ科」の文字が多いことに。

まず、バラがバラ科なのは当たり前ですな。まあ、公園にバラを植えるのはよくあるので、これはいいでしょう。で、やはり公園に多い樹木のサクラ、これもバラ科です。まあ、サクラがそうなんだから、ウメとモモもかなあと思ったら、案の定バラ科でした。公園でながめていて、あ、そうなのかと思ったのが、ユキヤナギですな。白っぽい花ですよね。まあ、たしかに花の形がサクラに似ているといえば、そうですな。ただ、ヤナギはヤナギ科なんですな。枝振りからヤナギって名前がついただけで、ヤナギとユキヤナギはかなりちがう植物なのですな。ややこしい。

それから、サクラやモモ、ウメといえば、フルーツです。フルーツで調べてみると、イチゴもリンゴもバラ科でした。イチゴやリンゴは、あまり花をイメージできないのですが、写真を見るとたしかにバラというかウメやサクラに似ています。

リンゴがバラ科なら、ナシもそうなのかといえば、そうでした。洋ナシももちろんバラ科です。また、モモがそうならスモモ(プラム)もかなといえば、これもあたり。プルーン、ビワ、ネクタリンもバラ科でございます。ただ、コケモモはツツジ科です。さらに、イチゴもラズベリーもブラックベリーもバラ科ですが、ブルーベリーはちがってツツジ科でございました。

ていうか、身近なフルーツをふりわけてみると、こんな感じになりますな。身近さは、近所のスーパーの売り場を見て考えてみましたよ。見てのとおり、アップルとパイナップルはだいぶちがう植物ですよ。

フルーツと科
そのほか、ブナ科:クリなど、クワ科:いちじくなど、カキノキ科:カキなど、ミツハギ科:ざくろなど、クロウメモドキ科:なつめなどとなっています。

調べているうちに、へぇぇとなっちゃいました。読む方はそうでもないでしょうかね。まあ、ともかく、バラ科のバラエティさには、舌を巻きますな。種類だとミカン(柑橘類)も相当ですが、あれとこれが同じかという感じは柑橘類にはあまりありません。食べるときのすがたのバリエーションが、バラ科は幅広いですからねー。

ところで、何をもってバラ科にいれるのでしょうか? 科とか属とかいう、生物の分類については、むかーし、こちらに書いたことがあります。とりあえずは、分類がおおざっぱなほうからドメイン、界、門、綱、目、科、属、種。となっています。人間とサルは、同じサル目(もく)ですが、科はちがいます。ヒト科には、人間(ヒト)、チンパンジー、ゴリラなどが入りますが、ニホンザルはサル科なんですな。ちなみに目の上の綱では哺乳綱となります。科とか属とかいう分類のおおざっぱさが何となくイメージできたでしょうか?

で、植物のなかでも、花を咲かせるのは被子植物門となり、さらにおおざっぱな分類なんですな。その中でのバラ科というのですから、まあ、かなり狭い分類なわけです。そのなかに、ナシからイチゴから、サクラからバラまでぜーんぶ入っているというのは、かなりオドロキでございます。

ちなみに、バラ科は何をもってバラ科というかというと、花の特徴でわけられているそうです。

1. 5弁の花びらを持つ
2. 花びらは、1枚1枚分かれている
3. おしべが真ん中に、わんさかある

ただ、これだと「八重桜は?」「バラも花びらたくさんあるで」となるわけですが、これらは演芸改良されたものなんですな。また「木か草か」「とげがあるかないか」は、分類上はあまり重要じゃないのですな。子孫を残すための花。そこの形式が似ているというのが、重要なポイントなんですな。子供の残し方はあまり変化させないという考えなんですなー。

ということで、今回は、公園で驚いたから調べてみたって話なのですが、最後にもうひとつ。

アーモンドもバラ科なんですと! どう見てもマメにしか見えないのですがね。まあでも、ナッツだと、ピスタチオはウルシ科といろいろです。ナッツはたいてい種なのですが、まあ種は科によらず固いですからね。似ていても全然違うということなんですなー。

逆に、似ちゃってこまることもあります。アーモンドはアレルギー症状を出すことがあるわけですが、バラ科の果物全般に似たような傾向があるそうです。イチゴでアレルギー、リンゴでアレルギー……えー、って感じです。苦しんでいらっしゃる方もいるんでしょうね。調べて知ったのですが、大変ですね。しかし、バラ科全般で似たようなアレルギー物質を作るのですな。そんなところは似なくてもいいのに、と強く強く思いますねー。いやはや。

著者プロフィール
東明六郎(しののめろくろう)
科学系キュレーター。
あっちの話題と、こっちの情報をくっつけて、おもしろくする業界の人。天文、宇宙系を主なフィールドとする。天文ニュースがあると、突然忙しくなり、生き生きする。年齢不詳で、アイドルのコンサートにも行くミーハーだが、まさかのあんな科学者とも知り合い。安く買える新書を愛し、一度本や資料を読むと、どこに何が書いてあったか覚えるのが特技。だが、細かい内容はその場で忘れる。

(東明六郎)