トランプ大統領就任初日の首都ワシントン

写真拡大 (全2枚)

トランプが大統領に就任した日、多くのデモ参加者が首都に集結した

人々の目を覚ましたのは雨か、或いはドナルド・トランプの就任演説で並べ立てられた陰鬱な言葉の数々か。イ泙襪琶萓个里茲Δ謀精澆垢覽爐漸未討森場ァト蛤瓩肇ャングとドラッグイ貿困泙気譴覲后ゲれたまま放置されたインフラァしかし、2017年1月20日(現地時間)に首都ワシントンで行われたトランプの宣誓式会場を後にする群衆は、不気味なほど静かだった。

会場を出たほとんどの人々は、会場のゲートのすぐ外にいて「あなたたちはきっと後悔することになる」と説く人と論争することもなかった。ティーンエイジャーの一団が、「トランプのように不信心なキリスト教徒は、全ての自由主義者と共に地獄で焼かれる」と書いたプラカードを掲げた福音主義者のグループに向かって何気なしに野次を飛ばす。しかしある一人が、「これはゥ肇薀鵐廚謀携海下るイ箸いΔ海箸任呂覆、民主党員になぞらえているのだ」ということに気づき、盛り上がった。

彼らが餌に食いつくまでもなく、トランプ政権はまさに今、左寄りの前政権との違いを明確に打ち出そうとしている所である。新大統領の手は、積み重ねた聖書の上にしっかりと置かれている。ホワイトハウスの公式サイト(WhiteHouse.gov)が掲載写真を更新した。サイトのスペイン語版と、気候変動やLGBT問題を扱ったページは削除された。

ナショナル・モールのパレードのルート沿いに立てられた防護フェンスの迷路を、就任式に参加する限られた人たちが重い足取りでゆっくりと進む。多くのメディアが写真を並べて指摘しているように、参加者の数は2013年のオバマの就任式と比較して約4分の1、さらに2009年の14%にも満たなかった。アメリカ合衆国国立公園局は、その比較写真をリツイートしたが、その数時間後、「全ての政府機関は当面の間、政府の公式ツイッター・アカウントの使用を禁止する」とのお達しが出され、比較写真のツイートは削除された。

水面下では、別の動きも進んでいる。就任式の約1時間前、トランプ支持者たちがパレードの沿道に集まり、反トランプのデモ参加者が「トランプとペンスを認めない!」とコールしながらコンスティテューション・アヴェニューを行進していた頃、トランプ政権のアメリカ合衆国住宅都市開発省は、初めての住宅購入者や借り入れの信用度の低い人々を救済するために抵当保険を低く設定していたオバマ時代の政策を覆した。

ペンシルヴェニア・アヴェニューから数ブロックの場所では、パレード用に設置された階段状のベンチに座る人の姿はほとんど見られず、見物人もせいぜい数人しかいなかった。フランクリン・スクエアに集まったデモ隊はリムジンに火を放ち、「燃えちまえ!」と誰かが叫び、トランプ関連グッズなどを燃やした。ある路上販売者は機転を利かせ、Tシャツにデ確像イ班舛い毒笋蟒个靴拭


(Devin Yalkin for Rolling Stone)

リムジンが燃やされてからまもなく、機動隊がK・ストリート沿いに配置された。デモ隊は機動隊の隊員たちが近づくと、レンガやボトル、木材を投げつけた。それに対し機動隊はペッパースプレーやゴム製手榴弾で応戦した。また、ゴム弾が使用されたとの情報もあるが、D.C.警察のスポークスマンはこれを否定している。午後6時までに、217名のデモ参加者が拘束された。

午後7時25分、トランプ大統領は、国防長官と国土安全保障長官の就任に必要な書類に署名した。さらに、「医療保険制度改革法に関する国家公務員の負担を軽減する」という曖昧な内容の大統領令も発令した。同法は、議会の共和党議員が廃案に追い込もうとして動いている。午後8時、首席補佐官のラインス・プリーバスは、全ての政府機関のトップ宛てに、同法に関連するイ△蕕罎訖卦または保留中の規制イ鯏犒襪垢襪茲δ銘した。

午後9時30分、トランプ一家を乗せた車列がリバティ・ベルへ向かって疾走し、その後フリーダム・ベルへ向かった。トランプ夫妻は、見つめ合いながらフランク・シナトラの『マイ・ウェイ』に合わせて踊り、トランプは「大統領になってもツイートを続けるべきか?」とジョークを飛ばした。代表取材記者のレポートによると、リバティ・ベルからフリーダム・ベルへのルート沿いでは、多くの見物人が中指を立てて「ファック・トランプ!」と口々に叫んでいたという。

最後となる3度目の舞踏の時間にトランプは再び踊り、ケーキを食べ、アフガニスタンに駐留した兵士たちに話しかけた。その前に彼は、舞踏会の参加者に向かって挨拶した。

「実に素晴らしい一日だった」と大統領は述べた。