写真提供:マイナビニュース

写真拡大

テクマトリックスは1月24日、F5ネットワークスのアプリケーション・デリバリ・コントローラー「BIG-IPシリーズ」上で動作するiAppsアプリケーション「o365 traffic controller」および同社のクラウドサービス「テクマクラウド」との連携により、 Microsoft Office 365宛通信のトラフィック制御サービスを提供すると発表した。

iAppsは、BIG-IPの多岐にわたる設定項目を、 用途・環境に応じた 「テンプレート」にまとめ、 設定にかかる負荷を軽減する機能。

Office 365のトラフィック制御サービスでは、既存プロキシサーバから別プロキシサーバへの迂回や、 専用回線への振り分け等、 最適な経路へ制御することにより、 経由する機器および帯域の負荷軽減を実現するほか、Office 365アドレスリストを同社のクラウドサービス「テクマクラウド」より定期的に取得し、BIG-IPの設定に反映することにより、 PACファイル更新やルーティング設定変更等の運用負荷を軽減する。

これにより、Office 365宛通信の制御だけでなく、アウトバウンドのSSL通信を復合化し、 他社UTM製品と連携することで、 パケット内の精査を行うといったセキュリティの向上も可能だという。

サービス定価(年間)は600,000円〜(クラウドサービス利用費、 アプリケーション費用含む)。テクマトリックスでは、 2017年度、50社へのサービス提供を目標にしている。

(丸山篤)