写真提供:マイナビニュース

写真拡大

イメージデザインは、複数店舗の一元管理とページ上・受注処理上での接客機能が付いたサービス「楽々通販2Pro」を、1月26日より提供開始すると発表した。

楽々通販2Proは、全店舗の受注情報・商品情報を一元管理し、1店舗分のリソースで全店舗の管理が可能になるサービス。同社がECショップサポートをする中で、自社でも店舗運営を行い、直面した問題を基に考案したという。

同製品では、複数モール・カートの受注を取り込んで一元管理することも可能。発送日時や送料の変更処理も自動で行い、顧客へのサンクスメールを自動送信する。APIを利用しているため受注データをモール側と完全連動。モールの管理画面を使って受注情報の編集を行う必要はない。(一部API非対応カートを除く)

取り込んだ注文情報から顧客データを自動で作成する機能を搭載。また、あらかじめショップに合ったランクを購入回数や価格で設定することで、自動で振り分け、自動ステップメール配信の際にもランク別に異なるメッセージを挿入できる。新規顧客をリピーターにつなげるクーポンや、リピーター限定のセール会場の案内など、それぞれに企画を考案することも可能だ。

HTMLを記述せずに各ページのパーツの更新が可能なため、HTMLやCSSの知識がなくても更新頻度を上げたショップ作りが実現する。また、PC/スマートフォンページの一括更新ができ、ページ更新ミスも防ぐことができる。なお、今後はデータ分析機能も実装を予定しているという。

対応モール・カートは、楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazon.co.jp、ポンパレモール、FutureShop2。

提供価格(税別)は、初期費用が5万円、利用料は商品数に応じて変動する、例として3000点までが月額3万9000円。

(山本明日美)