『スプリット』

写真拡大

M・ナイト・シャマラン監督の新作映画『スプリット』が、5月12日から全国で公開される。

【もっと大きな画像を見る】

『シックス・センス』『ヴィジット』などの作品で知られるシャマラン監督。『スプリット』は23人の人格を持つ男と、彼にさらわれた3人の女子高校生の攻防を描いたスリラー映画となる。

神経質な青年「デニス」や社交的な「バリー」、9歳の無邪気な少年「ヘドウィグ」、優雅な女性「パトリシア」といった人格を持ち、やがて高校生たちを絶望させる24人目の人格も発覚する、解離性同一性障害の男を演じるのは、ジェームズ・マカヴォイ。脱出を目指す女子高校生役をアニヤ・テイラー=ジョイ、ヘイリー・ルー・リチャードソン、ジェシカ・スーラが演じている。