できたて泡で洗う新発想の「RITICA ボディウォッシュ」。クレイ(左)とチャコール

写真拡大

ロゼットは、フレッシュソープのできたて泡で洗うという新発想のボディソープ「RITICA(リティカ)ボディウォッシュ」として「クレイ」と「チャコール」を2017年2月1日に発売する。

クレイとチャコール

ボディソープ市場の傾向をみると「自分らしさを求める」という30代を中心とした女性の間では、ファミリーユースのブランドではなく、香りや美容成分、パッケージデザインなど、こだわりを持って商品を選ぶ傾向が高まっているという。

そうした女性消費者をターゲットに誕生したのがロゼットのブランド「RITICA」。サンスクリット語で"ナチュラル"を意味するという。

濃密な弾力泡が肌をやさしく包み込み、やすらぎの香りで全身をときほぐしながら、自然の恵みから抽出された美容成分で肌を洗い上げてくれるボディソープ。

フレッシュな泡をキープできるように空気に触れにくい真空ボトルを採用。これまで配合が困難だった美容成分(保湿成分)をたっぷりと配合できるようになった。バスルームでの水蒸気や酸化を気にすることなく、いつでもできたての新鮮で清潔な泡で洗うことができる。

共通のオイルとしてマカデミア種子油、ヒマワリ種子油、ブドウ種子油を配合した。

「クレイ」は天然ミネラルを含むクレイのチカラでくすみ(古い角質)をオフしながら、しなやかでなめらかなハリ肌に洗い上げてくれる。美容成分としてタチジャコウソウ花・葉エキス、ヒルベリー葉エキス、マヨラナ葉エキスを配合した。やすらぎ感のあるハーバルグリーンフローラルの香り。

「チャコール」は天然ミネラルを含むチャコール(炭)のチカラで毛穴汚れをしっかりと吸着。すべすべで透き通るようなクリアな肌に洗い上げてくれる。美容成分としてレモングラス葉・茎エキス、マンダリンオレンジ果皮エキス、セイヨウハッカ葉エキスを配合。爽やかなハーバルシトラスの香り。

いずれも内容量300ml、価格は900円(税別)。

バラエティショップ、ドラッグストアなどで取り扱う。