「自治体から緊急情報」機能のイメージ画像。災害時に緊急災害情報、避難情報、避難所の開設状況などをいち早く知ることができる(画像はプレスリリースより)

写真拡大 (全2枚)

 渋谷区とヤフー(Yahoo! JAPAN)は23日、「災害に係る情報発信等に関する協定」を締結したことを発表した。また本協定に基づき、「Yahoo!防災速報」を通じて渋谷区内の災害情報や避難所開設状況などをユーザーに通知する「自治体からの緊急情報」の提供を同日より開始している。

 政府の地震調査委員会によると、今後30年以内にマグニチュード7クラスの首都直下地震が発生する確率は70%とされており、渋谷区の被害想定は死者約250人、負傷者約5,000人、全壊棟数約5,800棟で、鉄道などの交通が停止した場合は渋谷区だけで22万人の帰宅困難者が発生するといわれている。

 今回の協定締結により、渋谷区民及び渋谷区に通勤・通学する人は、「Yahoo!防災速報」アプリ版をスマートフォンにダウンロードしておくことで、災害時に渋谷区の緊急災害情報、避難情報、避難所の開設状況などを知ることができる。

 なお「自治体からの緊急情報」を受信するためには、「現在地連動通知の設定」を「オン」にするか、「地域の設定」から「渋谷区」を選択する必要があるとのこと。

■関連リンク
防犯システムNAVI
防犯システムNAVIデータベース