チソン&オム・ギジュン出演ドラマ「被告人」視聴率14.5%で同時間帯の1位に!

写真拡大

「被告人」が第1話から高い視聴率を記録した。

24日、視聴率調査会社ニールセン・コリアによると韓国で23日に放送されたSBS新月火ドラマ「被告人」第1話の視聴率は14.5%(全国基準) を記録した。これは同時間帯1位に当たる数値だ。

「被告人」は、娘と妻を殺したという濡れ衣を着せられ、死刑を言い渡された検事のパク・ジョンウ(チソン) が、失くした4ヶ月間の時間を思い出すために繰り広げられる闘争日誌であり、悪人チャ・ミンホ(オム・ギジュン) を相手に展開される復讐ストーリーだ。

チソンとオム・ギジュンは「被告人」第1話から強烈な演技を届け、視聴者の視線を集中させた。

一方、「被告人」と同時間帯に放送されたKBS 2TV「花郎」は11.0%、MBC「ハイクラス〜私の1円の愛〜」は4.1%の視聴率をそれぞれ記録した。