J1昇格の札幌、主将・宮澤の続投が決定 副主将には新加入の兵藤ら3名

写真拡大

 北海道コンサドーレ札幌は23日、2017シーズンのキャプテンがMF宮澤裕樹に、副キャプテンがMF菊地直哉とMF兵藤慎剛、GKク・ソンユンに決まったと発表した。

 宮澤は昨シーズンに引き続きキャプテンに就任。また、今季横浜F・マリノスから移籍してきた兵藤は加入1年目から副キャプテンを務めることとなった。

 就任に際し4選手は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

■宮澤裕樹
「今年もキャプテンをやらせてもらう事になりました。チームの目標達成のために、自分の持てる力を全て出して頑張りたいと思います」

■菊地直哉
「キャプテンを全力でサポートできるように頑張ります。そして、サポーターの皆さんにもキャプテンを支えてもらいたいと思います。宜しくお願いします」

■兵藤慎剛
「移籍してきて1年目で副キャプテンという大役を任せてもらえるのは嬉しく感じると同時に、プレッシャーもある事なので、期待に沿えるように頑張りたいです。キャプテンをしっかりサポートしてチームが一つにまとまるように、一年間務めていきたいと思います」

■ク・ソンユン
「キャプテンをサポートしながら、J1の舞台でもチームの力になれるように全力でプレーしていきたいと思います」