24日、韓国メディアによると、韓国政府が23日、15年に日韓政府が発表した慰安婦合意に関する協議文書の一部を公開するよう命じた韓国裁判所の判決を不服とし、控訴したことが分かった。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真はソウルの慰安婦像。

写真拡大

2017年1月24日、韓国・JTBCなどによると、韓国政府が23日、15年末に日本政府と韓国政府が発表した「慰安婦合意」に関する協議文書の一部を公開するよう命じた韓国裁判所の判決を不服とし、控訴したことが分かった。

韓国外交部は23日、「裁判所に控訴状を提出した。今後は法的な手続きに従って控訴審に対応していく」と明らかにした。

ソウル行政裁判所はこれに先立ち、韓国の弁護士団体が韓国外交部を相手取り、15年12月に発表された日韓慰安婦合意に関する協議文書を公開するよう求めて提起した訴訟で、原告勝訴の判決を言い渡していた。裁判所の判決が確定されれば、韓国政府は旧日本軍などによる強制連行を認めるかどうかについて協議した文書の一部を公開しなければならない。

韓国政府が「慰安婦合意」協議文書の公開を拒否したことを受け、韓国内では「裏合意があったのではないか」と指摘する声が高まっているという。

この報道に、韓国のネットユーザーからはさまざまな意見が寄せられた。

「政府は一体いつまで耐えるつもり?」
「韓国国民の1人として日本と協議したのに、それを公開しない?おかしいでしょ?」

「裏合意があったに違いない」
「少なくとも慰安婦被害者らには公開するべきだ」
「今の政府にはきれいでスマートな部分がない」
「日本ではなく国民と戦う政府…」

「外交部に控訴する権利はあるの?外交部は誰のための機関?何よりも自国民の安危と保護を優先すべきなのに」
「朴大統領は安倍首相に弱みを握られているのだろう。だから国民に公開できないような合意をしたんだ」

「いつまで慰安婦の話をする?韓国軍もベトナムで同じことをしていたのに」
「初めて安倍首相が謝罪した。外交的に大きな成果といえる。慰安婦合意を受け入れよう」
「慰安婦の話には飽き飽きだ。僕らの精神と心に刻んでおけばいい。これ以上銅像も必要ない」(翻訳・編集/堂本)