橋下徹(写真:gettyimages)

写真拡大

23日放送の「橋下×羽鳥の番組」(テレビ朝日系)で、橋下徹氏のタレントとしての欠点を脚本家が指摘した。

番組では、「論客面談」として、ゲストと橋下氏が1対1で論争する企画があった。そこに、論客として元芸人のマンボウやしろこと脚本・演出家である家城啓之氏が登場した。

家城氏は「タレントをなめるな」として橋下氏のタレント性を追及した。家城氏によると「(橋下氏は)絶対に負けない」ことを欠点として挙げる。家城氏は同番組が平日の深夜に近い番組であるので「気持ちよく寝かせて欲しい」と主張したのだ。

家城氏によると、橋下氏はどんな不利な状況であろうと「手を替え、品を替え」「ギリギリ最悪ドロー」に持ち込むため、視聴サイドでは潔くないように見えるらしい。改善策として、橋下氏が「いやあ、今日はやられたな」と笑顔で受ければ視聴後に「(気持ちよく)寝られる」のだと訴えている。

最後に、橋下氏は政治家としての肩書きを外した以上「タレントとして振舞うべき」だと締めくくっていた。これには橋下氏も大笑い。そして「そうかな、やっぱりね」と負けず嫌いを肯定するしかなかった。

なお、橋下氏は本質的には弁護士なので楽しませるのが難しいと弁明した上で「しかし、こちらが間違ってると思ったら修正する」と反論している。

【関連記事】
橋下徹氏が長男へ厳しい体罰を与えた過去を告白し反省「申し訳ない」【追記あり】
橋下徹氏 安倍総理との会食を批判する蓮舫氏に反論「蓮舫さんともご飯食べましたよね?」
橋下徹氏 妻にのしかかるPTA負担を告白 計6つの学級での参加を求められたことも