普段、コミュニケーションツールとして使用しているスマートフォン(スマホ)。プライベートと仕事用で使い分けている人や、使用の頻度はそれぞれだと思いますが、使い方に違いはあるのでしょうか?

格安スマホ、所有率が高いのは…

モバイル専門マーケティングリサーチ機関「MMD 研究所」が、スマホを所有する15〜49歳の女性1,574 人を対象に行った「女性のスマートフォン利用実態調査」によると、格安スマホの所有率は iPhone、Android端末(キャリア、格安スマホ所有を含む)を合わせると独身女性が 11.3%、既婚女性が 7.8%、女子高生が6.7%、女子大生が4.1%となり、独身女性の格安スマホ所有率が最も高かったことがわかりました。

所有しているスマートフォンについては、iPhone(キャリア、格安スマホ所有を含む)の所有率が女子高生では84.8%と最も多く、次いで女子大生が79.6%、独身女性が69.9%、既婚女性が62.9%となり女子高生のiPhone所有率が最も高い結果になりました。

LINEの次に使っているアプリは?

また、定期的に使うアプリ・サイトについて調べたところ、全世代「LINE」が最多回答に。2位以下の結果を見ると、独身女性では「Facebook(45.2%)」、「Twitter(40.9%)」、既婚女性が「ゲームアプリ(35.6%)」、「ショッピングサイト(30.9%)」の順と両者に違いが見られました。

ちなみに、女子高生は「Twitter(74.1%)」、「音楽再生アプリ(53.0%)」、女子大生では「Twitter(77.9%)」、「Instagram(50.7%)」の順でした。

親しい友人の電話番号「全員知っている」? 女子高生は1.8%

また、仲のいい友人のスマートフォンの電話番号を知っている割合を聞いたところ、「全員知っている」という回答では、女子高生は1.8%、女子大生は3.4%、独身女性が14.7%、既婚女性が21.1%という結果に。

また、「ほとんど知らない」の回答では、女子高生は39.0%、女子大生は30.3%、独身女性が19.2%、既婚女性は15.3%で、若い世代になるほど友人の電話番号を知らない結果になりました。

(編集部)

【調査概要】
調査名:「女性のスマートフォン利用実態調査」
調査期間:2016年12月6日〜12月10日
有効回答数:1,574人(女子高生 n=328、女子大生 n=412、独身女性 n=416、既婚女性 n=418)
調査対象:スマートフォンを所有する15歳〜49歳の女性
調査方法:インターネット調査