イルミネーション ラグーナテンボス ラグナシア(愛知県蒲郡市)

写真拡大

冬といえばイルミネーション! でもなぜイルミネーションは冬なのでしょうか。

【ラグーナテンボス】イルミ&プロジェクションマッピングが圧巻

日本の冬は、埃や塵・空気中の水蒸気などの影響を受けにくくなる為、澄んだ空気の中で光を楽しむことが出来ると言われています。

イルミネーションを楽しむにはピッタリなこの季節、テーマパーク大好きライターの筆者がイチオシする施設が、愛知県蒲郡市にある「ラグーナテンボス」です。

思わず誰かを誘いたくなる!冬ラグーナが面白い3つの理由

「ラグーナテンボス」は、長崎にある「ハウステンボス」と同系列のテーマパークで、2016年11月3日〜2017年3月31日は「史上最光の冬ラグーナ」と称したイルミネーション&プロジェクションマッピングイベントが開催されています。

2014年頃から少しずつ規模を拡大していった「ラグーナテンボス」のイルミネーションイベントですが、今年の出来は素晴らしい! とにかくみんなに見てもらいたい! と全国各地の友人に声をかけ、一緒に日帰り旅行を楽しんでいる筆者です。

何がそんなに面白いのか、大きく3つの理由があげられます。

「豊富なイルミネーションプログラム」 「臨場感のあるマッピング」 「昼と夜で変わる景色」

1. 豊富なイルミネーションプログラム

冬ラグーナは、複数のショーを飽きることも待つこともなく、ずっと楽しめることが第一の魅力。

「ラグーナテンボス」では、イルミネーションプログラムとプロジェクションマッピングショーが絶妙な時間差で公演されています。

その為、テーマパークやイルミネーション施設にありがちな、混雑の中を人の流れとともに進んでいくことがありません。

お話をしながら、写真を撮りながら、軽食をつまみながら、自由に散策することが出来る楽しさが、ラグーナにはあります。

2. 臨場感のあるマッピングショー

たびたび友人を連れて「ラグーナテンボス」に訪れている筆者ですが、「マッピングショーが凄い」と好評です。

プロジェクションマッピングとは、CG映像を建造物や空間等に投影する技術で、2016-2017年の冬ラグーナでは、3つのマッピングショーが公演されています。

自動車が壁を走り出し時空を越えていく「アメイズ」 水面や巨大ウォータースクリーンなどに映像投影を行う「アグア」 四方を壁で囲まれた広場でおこなわれる360度マッピング「ネージュ」

心に響けば強い、そうでなければ無機質な上映会になりがちなマッピングショーですが、この冬は、これまで「ラグーナテンボス」でおこなわれたマッピングショーの中で一番美しいといっても良いでしょう。

特にオススメなのが「ネージュ」です。

是非、広場の中央付近に立って、グルグルと周りながらマッピングを堪能してみてください。

360度をかこむ映像と、光の先に突然現れるショーキャストたち。

実際に投影されている映像以上の空間の広がりを体感できる、最高のマッピングショーです。

また、「ラグーナテンボス」のマッピングショーは悪天候にも強く、訪れた日がどんな天気でも「楽しかった」といって帰ることができるため、自信を持って友人を誘えるという安心感があります。

※雨天時は、ショーの演出が一部異なります。

3. 昼と夜で変わる景色

夜の「ラグーナテンボス」はイルミネーションプログラムがメインですが、日中はアトラクションやショー、散策が可能でいわゆる「テーマパーク」を楽しむことが出来ます。

ディズニーランドのミッキーマウスに当たるメインキャラクターは、ネコの航海士「ガトー」。

その他にも、ハウステンボス歌劇団やミュージカルショーといった観劇、VR・ARを使用したアトラクション、フラワーラグーン(お花畑)での散策、充実のレストランと楽しみ方は盛り沢山。

日中から遊んでいても、笑っているうちに日没になっている素敵なテーマパークです。

いこうよ、蒲郡!

「ラグーナテンボス」は、愛知県蒲郡市にある海がテーマのテーマパーク。

友人を誘う度に「どこにあるの?」「なにがあるの?」と聞き返される地方のテーマパークですが、気がつくと時間がすぎていて「あれ、意外と楽しいね」と笑顔で返される不思議な魅力がある場所です。

新幹線を利用すれば、東京や大阪からも開園からイルミネーションまで、日帰りで堪能できます。

まずは、一度訪れてみてください。

きっと楽しい1日が待っているでしょう。