倉科カナ流、主食がないときのアイデア代用料理はダイエットにも抜群!

写真拡大

 ご飯もパンもパスタも切らしてしまった! そんなとき、あなたなら主食には何を用意しますか? 確かに今は糖質オフで主食を摂らない人もいるようですが、そんなときも朝ならなおさら、お腹も脳も満足するものが食べたいものですよね。

 そこでいいアイデアがあります。それは、女優の倉科カナさんが作っていた料理です。

 ある日、倉科さんも米や玄米、パスタ、卵までもが家になくなってしまい、冷蔵庫が空っぽで朝から困ったことがあったのだそうです。その際、家にあるものだけで作ったというのが、豆腐と小麦粉だけで焼き上げたというパンケーキ!

 食生活アドバイザー汲玉さんの著書「The豆腐 手軽においしい!毎日おいしい!!ヘルシーダイエット!!!」によれば、豆腐は良質な高たんぱく質食材である大豆を原料としているものの、その大豆よりも90%以上も栄養分を消化吸収できるとか。しかも低カロリーなので、健康的なダイエットには欠かせないといいます。

 倉科さん、そんな豆腐でひそかにダイエットをしていたのかもしれません。

 ちなみに安西ひろこさんは、豆腐と鶏肉のダイエットオムレツというものを手作りしたとブログで報告。ご飯や小麦粉よりも豆腐の割合を増やせば、ダイエットにつながるようですね。