1

2014年に公開されたハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」の続編となる「Godzilla:King of Monsters(GODZILLA ゴジラ2)」の制作プロジェクトが始動していますが、GODZILLA ゴジラで監督を務めたギャレス・エドワーズ氏が続編では監督を降板することが発表されていました。そんな中、GODZILLA ゴジラ2の監督にマイケル・ドハティ氏が就任することが明かされています。

Godzilla 2 Finds Director in Krampus’ Michael Dougherty | Variety

http://variety.com/2017/film/news/godzilla-2-director-michael-dougherty-1201967053/



Godzilla 2 Director Is Confirmed - GameSpot

http://www.gamespot.com/articles/godzilla-2-director-is-confirmed/1100-6447178/



クリスマスをテーマにしたホラー映画「クランプス 魔物の儀式」やハロウィーンをテーマにしたオムニバス映画「ブライアン・シンガーの トリック・オア・トリート」で監督・脚本を務め、「X-MEN2」「スーパーマン リターンズ」「X-MEN:アポカリプス」などで原案や脚本を務めたマイケル・ドハティ氏が2019年に公開を控えるGODZILLA ゴジラ2の監督・脚本を担当することが明らかになりました。元々ドハティ氏はGODZILLA ゴジラ2の脚本を担当しており、2016年10月には「ドハティ氏が監督と脚本を担当するのでは?」というウワサも出回りましたが、それが実現する形となります。

2016年5月にエドワーズ氏の監督降板が明らかになったあと、ザック・シールズ氏と共にドハティ氏はGODZILLA ゴジラ2の脚本家として招かれました。初めは脚本とは別に監督が用意される予定だったのですが、最終的にGODZILLA ゴジラ2の制作を担当するレジェンダリー・ピクチャーズと強い信頼関係のあるドハティ氏が監督となることになったわけです。

GODZILLA ゴジラ2はレジェンダリー・ピクチャーズが制作している怪獣映画シリーズの一部となる予定。レジェンダリー・ピクチャーズによる怪獣映画シリーズには2017年3月公開予定の「キングコング:髑髏島の巨神」があり、GODZILLA ゴジラ2公開後の2020年には「Godzilla vs. Kong(ゴジラ VS キングコング)」の公開が予定されています。

ゴジラとの共演が予定されているキングコングが登場する映画「キングコング:髑髏島の巨神」の予告編は以下の記事で見られます。

ついにキングコングが現代の世界によみがえる、「コング:スカル・アイランド」予告編第1弾 - GIGAZINE



史上最大級のキングコングと巨大生物が人間に襲い来るキングコング最新作「Kong: Skull Island」の最新予告編が登場 - GIGAZINE



日本語版の最新予告編は以下から見られます。

映画『キングコング:髑髏島の巨神』日本版予告編【HD】2017年3月25日公開 - YouTube

なお、GODZILLA ゴジラ2はアメリカでは2019年3月22日の公開を予定しています。