M・ナイト・シャマラン監督最新作『スプリット』

写真拡大

恐怖と緊張と興奮がスパイラルを織りなす、シャマランでなければ生み出すことができない強力なスリラー『スプリット』(原題:SPLIT)が、5月12日に日本公開となることが決定した。

女子高校生3人組が挙動不審の男に拉致された。密室に閉じ込められた3人はやがて、この男が“ひとり”ではないことを知る。神経質で潔癖症の青年デニスから、社交的で人懐っこいナイスガイのバリー、9歳の無邪気な少年ヘドウィグ、さらにはエレガントな女性パトリシアへ…ひとりの人間の中で激しく入れ替わる人格。そう、彼は23もの人格を持つ男だったのだ!そして、驚くべき24番目の人格の発覚が彼女たちを絶望に陥れる―。

『羊たちの沈黙』のハンニバル・レクターや『ダークナイト』のジョーカーにも匹敵する新たな“スーパー・ヴィランを演じるのは、演技派ジェームズ・マカヴォイ。シャマラン作品初出演となる彼は万華鏡のようにキャラクターを変え、カリスマ性をも漂わせる。その圧巻の演技は映画史に名を刻むことになるだろう。

プロデューサーのジェイソン・ブラムをはじめ、『ヴィジット』のスタッフを再招集した本作は、女子高生3人vs 23+1人”の攻防は、ありきたりなジャンルの型にはめられることなく、その緊張感は見る者の内面に侵食し、脳を、内臓を揺さぶり、シャマラン史上、最も衝撃的なラストへと導く。

■『スプリット』
5月12日(金)より日本公開